1. TOP
日商簿記検定試験受験者の応援サイト

犬でもわかる!無料簿記講座

当サイトは日商簿記3級・2級の講座や問題集、簿記ゲームなどの豊富なコンテンツにより独学で頑張っている方や簿記初学者のみなさんを徹底応援するサイトです。すべてのコンテンツが無料でご利用いただけますので、簿記に興味のある方もない方もぜひゆっくりしていってください。

スポンサードリンク


連絡事項および更新状況

連絡事項

【試験情報】日商簿記試験の過去問および解答を無料で入手できます。詳しくはこちら
【試験情報】4級は平成28年度をもって終了となります。新たに「初級」が創設され平成29年度から施行されます。詳しくはこちらのページをご覧ください。
【お願いとお断り】当サイトの内容と関係のない質問にはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。なお、リンク切れの報告、おかしな記述(誤字・脱字・計算の間違いなど)がありましたら、メールにてご連絡ください。
【リンクについて】当サイトはリンクフリーです。連絡も一切必要ありません。また、当サイトでは全てのページについて引用が可能ですが、その際には必ず当サイト名を明示するとともに、引用元ページへのリンクをお願いいたします。

更新情報

【2016.11.28】近年の出題傾向や新試験範囲へ対応し、より分かりやすいサイトにするため、現在すべてのページについて見直し作業を行っています。
【2016.11.28】勘定科目を日商簿記試験における「標準的な勘定科目」に合わせました。詳しくは商業簿記の標準・許容勘定科目表をご覧ください。
【2016.11.28】サイトをリニューアルしました!
※古い内容が表示されている方(画面表示が変な場合)は、再読み込みのボタンを押すか、Ctrlキーを押しながらF5キーを押してみてください。


簿記検定試験とは?

簿記検定試験とは、簿記に関する基礎知識、実務、計算の能力を判定するための検定試験であり、以下のように複数の団体によって実施されています。

【団体】 【名称】
日本商工会議所 簿記検定(日商簿記)
全国経理教育協会 簿記能力検定(全経簿記)
全国商業高等学校協会 簿記実務検定(全商簿記)
日本ビジネス技能検定協会 簿記能力検定試験(日ビ簿記)

この中で最も受験者が多くて人気があるのは日商簿記(正式名称:日本商工会議所及び各地商工会議所主催簿記検定試験)です。

現在、多くの企業が社員に対して簿記検定の資格取得を奨励しているほか、大学や短大の推薦入試、単位認定の基準に採用されていることなどから、年間で60万人近くの方々が受験する「日商簿記」の資格は社会的に高い信頼と評価を得ています。


就職と日商簿記について(出典:東京商工会議所作成資料)

1.簿記検定に合格すると本当に就職に有利なのか?

(1)簿記検定合格は、大学生の時に簿記の勉強をした証明。

(2)社会人の一般常識・基礎力として、簿記の知識は必要不可欠。

※上場企業は、四半期に一度、財務諸表(企業の利益や経営、財産状況をまとめた書類)を出す義務があります。結果として、規模が大きい会社ほど、簿記や会計の知識を持つ人材のニーズは大きくなります。

2.会社の人事部は、履歴書の資格欄をどのように見ているのか?

(1)採用担当者の多くは簿記検定に合格しており、合格の価値を認識。

(2)「採用と資格は無関係」とする会社でも内定後や採用後に社員教育を実施。

※商社や金融、製造、小売、サービス業などで、簿記検定3級合格を義務付けたり、合格しないと昇進試験を受けられない会社があります。大学生のうちに就職したい業種が必要としている資格をチェックしましょう。

3.日商簿記に合格するメリット(入社後)

(1)学生時代に簿記検定に合格している人は、入社時点で同期の人より有利。

(2)就職後に簿記の勉強をすることは、学生時代と比べて時間の確保が大変。

※簿記検定を重視している会社では、①合格していると同期の人より早くスタートが切れますし、②他の資格も義務化していることが多いので、同期の人が簿記を勉強する間に別の資格の勉強をすることで、常に一歩先に進めます。


日商簿記の過去問および解答を無料でゲット!

以下のサイトにて、第144回日商簿記試験の問題および解答を無料で入手できます。過去1回分だけですが、すでに過去問集をお持ちの方にはいいかもしれません。期間限定ですので必要な方はお早めに!

資格の学校TAC

資格の学校TAC<簿記検定>からゲットする。

※リンク先のページ上部の「解答速報」の項目の「2016年11月日商簿記検定 解答速報情報」のページより無料で請求できます。

資格の大原

簿記講座【資格の大原】からゲットする。

※リンク先のページ中段の「試験情報・体験記」の項目の「【解答速報情報】<第144回>日商簿記11月検定(11/20)解答速報情報!」のページより無料で請求できます。



PAGE TOP ▲