1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
  3. 第0章-4:賃金勘定と経費勘定の記入方法
2級工業簿記無料講座

第0章-4:賃金勘定と経費勘定の記入方法



賃金勘定の記入方法

賃金を支払ったとき

製品の製造のためにかかった労務費は、「賃金」勘定で処理します。賃金を支払ったときは、その支払額を「賃金」勘定の借方に記入します。

例題 賃金¥8,000を現金で支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
賃金 8,000 現金 8,000

賃金を消費したとき

通常、賃金は支払うと同時に消費したと考えて貸借同時に記入し、直接労務費は「仕掛品」勘定の借方に、間接労務費は「製造間接費」勘定の借方に記入します。

賃金は労働の対価として支払われるものなので、材料のように在庫ができるというようなことはありません。したがって、支払った額がそのまま消費額となります。

例題 上記の賃金のうち、直接労務費は¥5,500である。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕掛品
製造間接費
5,500
2,500
賃金 8,000

賃金勘定の記入方法

経費勘定の記入方法

経費を支払ったとき

製品の製造のためにかかった材料費と労務費以外の製造原価は、すべて「経費」勘定で処理します。まず経費を支払ったときは支払額を「経費」勘定の借方に記入します。

例題 経費¥1,500を現金で支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
経費 1,500 現金 1,500

経費を消費したとき

「経費」も「賃金」と同じく、発生したと同時に消費したと考え、貸借同時に記入していきます。そして、直接経費は「仕掛品」勘定の借方に、間接経費は「製造間接費」勘定の借方に記入します。

ただし、経費に関してはそのほとんどが間接経費であり、直接経費については外注加工賃(部品の加工や製品の組立などを外部に委託した場合に支払う対価)と特許権使用料(他社の特許を利用する場合に支払う対価)だけ覚えていれば十分です。

例題 上記の経費のうち、¥200が直接経費である。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕掛品
製造間接費
200
1,300
経費 1,500

経費勘定の記入方法



・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:工業簿記のアウトライン
 第1章:費目別計算
 第2章:個別原価計算①
 第3章:製造間接費の予定配賦
 第4章:個別原価計算②
 第5章:総合原価計算①
 第6章:総合原価計算②
 第7章:総合原価計算③
 第8章:総合原価計算④
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲