1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
  3. 第0章-4:賃金勘定と経費勘定の記入方法
2級工業簿記無料講座

第0章-4:賃金勘定と経費勘定の記入方法

スポンサードリンク

賃金勘定の記入方法

賃金を支払ったとき

製品の製造のためにかかった労務費は、「賃金」勘定で処理します。賃金を支払ったときは、その支払額を「賃金」勘定の借方に記入します。

例題 賃金¥8,000を現金で支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
賃金 8,000 現金 8,000

賃金を消費したとき

通常、賃金は支払うと同時に消費したと考えて貸借同時に記入し、直接労務費は「仕掛品」勘定の借方に、間接労務費は「製造間接費」勘定の借方に記入します。

賃金は労働の対価として支払われるものなので、材料のように在庫ができるというようなことはありません。したがって、支払った額がそのまま消費額となります。

例題 上記の賃金のうち、直接労務費は¥5,500である。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕掛品
製造間接費
5,500
2,500
賃金 8,000

賃金勘定の記入方法

経費勘定の記入方法

経費を支払ったとき

製品の製造のためにかかった材料費と労務費以外の製造原価は、すべて「経費」勘定で処理します。まず経費を支払ったときは支払額を「経費」勘定の借方に記入します。

例題 経費¥1,500を現金で支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
経費 1,500 現金 1,500

経費を消費したとき

「経費」も「賃金」と同じく、発生したと同時に消費したと考え、貸借同時に記入していきます。そして、直接経費は「仕掛品」勘定の借方に、間接経費は「製造間接費」勘定の借方に記入します。

ただし、経費に関してはそのほとんどが間接経費であり、直接経費については外注加工賃(部品の加工や製品の組立などを外部に委託した場合に支払う対価)と特許権使用料(他社の特許を利用する場合に支払う対価)だけ覚えていれば十分です。

例題 上記の経費のうち、¥200が直接経費である。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕掛品
製造間接費
200
1,300
経費 1,500

経費勘定の記入方法



ポイントチェック!

スポンサードリンク
1.賃金および経費を支払ったときは賃金勘定および経費勘定の借方に記入する。

2.賃金および経費を消費したときは賃金勘定および経費勘定の貸方から以下の要領で振り替える。
①直接労務費および直接経費は仕掛品勘定の借方へ。
②間接労務費および間接経費は製造間接費勘定の借方へ。

※直接経費については外注加工賃特許権使用料だけ覚えていれば十分です。


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



簿記関連書籍の売れ筋(amazon)



PAGE TOP ▲