1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
  3. 第0章-5:月次決算までの流れ
2級工業簿記無料講座

第0章-5:月次決算までの流れ

スポンサードリンク

製造間接費の配賦

これまでの処理によって、直接費は仕掛品勘定の借方に、間接費は製造間接費勘定の借方に集計されています。

次の段階として、製造間接費勘定に集計された間接費を仕掛品勘定へ振り替えます。これを製造間接費の配賦(はいふ)といいます。

例題 製造間接費の合計額¥6,800を仕掛品勘定へ配賦した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕掛品 6,800 製造間接費 6,800

製造間接費勘定の記入方法

製品が完成した時の処理

この時点で、仕掛品勘定の借方にすべての製造原価(直接費+間接費)が集計されていますが、これがすべて製品(完成品)の製造原価となるわけではありません。

製品の製造原価となるのは完成した製品に対するものだけなので、これを仕掛品勘定の貸方から製品勘定の借方へ振り替えます。

なお、「仕掛品」のうち当期に完成しなかったものに係る部分は、貸借対照表上「仕掛品」(資産)として繰り越します。

例題 原価¥16,000分の製品が完成した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
製品 16,000 仕掛品 16,000

仕掛品勘定の記入方法

製品を販売した時の処理

製品を販売したときは、「売上」と「売上原価」をそれぞれ計上します。

売上原価の計上については販売した製品の原価部分を製品勘定の貸方から売上原価勘定の借方に振り替えます。

なお、完成した製品のうち販売していないものは貸借対照表上「製品」(資産)として繰り越します。

例題 製品¥19,000(原価¥12,000)を掛けで販売した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金
売上原価
19,000
12,000
売上
製品
19,000
12,000

製品勘定の記入方法

営業費の支払い

営業費の支払いに関する処理は商業簿記の場合と同じなので、特に問題ないと思います。

例題 広告宣伝費¥1,000を現金で支払った。なお、営業費に関しては販売費及び一般管理費勘定を用いること。

借方科目 金額 貸方科目 金額
販売費及び一般管理費 1,000 現金 1,000


月次決算の処理

すでに説明したように原価計算期間は通常1か月なので、工業簿記では1か月ごとに決算(月次決算)を行います。 基本的には商業簿記の場合と同じですが、工業簿記における月次決算では月次(げつじ)損益勘定を使って、損益の振替を行います。

具体的には、1か月の「売上」の金額を「月次損益」勘定の貸方に、「売上原価」と「販売費及び一般管理費」を「月次損益」勘定の借方に振り替えます。

この結果、月次損益勘定の貸借差額が当月の営業利益(または営業損失)を表すことになります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売上
月次損益
月次損益
19,000
12,000
1,000
月次損益
売上原価
販売費及び一般管理費
19,000
12,000
1,000

月次損益勘定の記入方法

なお、年度末には月ごとの営業利益を年次損益勘定へ振り替えて、1年間の営業利益を計算します。


ここまでのおさらい

最後に、材料費、労務費及び経費の記入から月次損益までの一連の流れをもう一度おさらいしておきます。この流れは工業簿記を勉強するにあたって非常に重要なので、しっかりと頭に入れてから次へ進んでください。

工業簿記の一連の流れ



ポイントチェック!

スポンサードリンク
1.製造間接費勘定に集計された金額を仕掛品勘定の借方へ振り替える(製造間接費の配賦)。

2.製品が完成したときは、完成品原価を仕掛品勘定の貸方から製品勘定の借方へ振り替える。

3.製品を販売したときは、販売した製品の原価を製品勘定の貸方から売上原価勘定の借方へ振り替える。

4.工業簿記では月次決算が基本なので、月次損益勘定を使って損益の振替を行う。

※工業簿記の一連の流れは、文章で覚えるよりも図(勘定記入)を頭にイメージできるようにしてください。


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



簿記関連書籍の売れ筋(amazon)



PAGE TOP ▲