1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
  3. 第11章-3:直接原価計算とは
2級工業簿記無料講座

第11章-3:直接原価計算とは



直接原価計算と全部原価計算における原価の分類

全部原価計算における原価の分類

これまで皆さんが学習してきた伝統的な製品原価計算では、製造原価については変動費・固定費という分類はせずに、すべて製品原価として原価を製品に集計することによって月末仕掛品原価や完成品原価を計算しました。

また、販売費及び一般管理費はすべて期間原価として、その期に発生した額をそのまま損益計算書に費用として計上しました。

このような方法を全部原価計算といいます。

全部原価計算における原価の分類

直接原価計算における原価の分類

前回までに学習したCVP分析は、利益管理という点において有用なのですが、問題点が1つあります。それはCVP分析を行うためには、原価を変動費と固定費に分類する必要があるということです。

全部原価計算による損益計算書では変動費と固定費の内訳が不明なので、CVP分析などの経営管理という観点からは少々不都合があります。

そこで企業は内部管理に役立たせるため、変動費・固定費という原価の分類を重視した損益計算書を作成します。

具体的には、製造原価のうち変動製造原価のみを製品原価として製品に集計し、固定製造原価は販売費及び一般管理費と同じく期間原価とし、すべて発生した期の費用として計上します。

また、販売費についても変動費と固定費に分類して表示します(※通常、一般管理費の大部分は固定費から成るので、当サイトでは一般管理費はすべて固定費のみと仮定します)。

このような方法を直接原価計算といいます。

直接原価計算における原価の分類

直接原価計算による損益計算書の特徴

全部原価計算と直接原価計算とでは、損益計算書(営業利益まで)の様式も異なります。

全部原価計算の損益計算書

全部原価計算では、製造原価、販売費、一般管理費という原価の分類を重視して損益計算書を作成します。

具体的には、まず売上高から売上原価を差し引いて売上総利益を計算し、売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引いたものを営業利益として表示します。

なお、全部原価計算では変動製造原価と固定製造原価はともに製品原価として処理されるので、売上原価は変動費と固定費の両方から構成されることになります。

全部原価計算の損益計算書

直接原価計算の損益計算書

一方、直接原価計算では変動費・固定費という原価の分類を重視して損益計算書を作成します。

直接原価計算では変動製造原価のみを製品原価として処理するので、売上原価は変動製造原価のみから計算されます。損益計算書では、これを変動売上原価として表示し、売上高からこの変動売上原価を差し引いたものを一旦、変動製造マージンとして表示します。

また、販売費のうち変動費部分を変動販売費として表示し、変動製造マージンから変動販売費を差し引いて貢献利益を計算します。前回説明しましたが、貢献利益とは売上高から変動費を差し引いたものをいいます。

最後に、貢献利益から固定費(固定製造原価、固定販売費及び一般管理費)を差し引いて営業利益を計算します。

直接原価計算の損益計算書

次のページでは、例題を使って実際に全部原価計算および直接原価計算による損益計算書を作成してみましょう。




・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:工業簿記のアウトライン
 第1章:費目別計算
 第2章:個別原価計算①
 第3章:製造間接費の予定配賦
 第4章:個別原価計算②
 第5章:総合原価計算①
 第6章:総合原価計算②
 第7章:総合原価計算③
 第8章:総合原価計算④
 第9章:工業簿記の財務諸表
 第10章:標準原価計算
 第11章:CVP分析と直接原価計算
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲