1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
  3. 第11章-4:直接原価計算の損益計算書
2級工業簿記無料講座

第11章-4:直接原価計算の損益計算書



例題

以下の資料にもとづいて、全部原価計算および直接原価計算によって損益計算書を作成しなさい。

1.当月の生産販売データ

月初仕掛品 0個
当月投入 1,250個
1,250個
月末仕掛品 250個 (加工進捗度40%)
完成品 1,000個
月初製品 0個
1,000個
月末製品 200個
販売品 800個 (販売価格@¥950)

注)材料はすべて始点で投入している。

2.原価データ

(1)直接材料費:¥125,000(すべて変動費)

(2)直接労務費:¥162,000(すべて変動費)

(3)製造間接費:¥278,000(変動費¥102,000、固定費¥176,000)

  製造間接費は生産量を基準として製品に配賦している。

(4)販売費:¥90,000(変動費¥40,000、固定費¥50,000)

(5)一般管理費:¥80,000(すべて固定費)


全部原価計算による損益計算書の作成

解き方

全部原価計算では、製造原価(直接材料費、直接労務費および製造間接費)のすべてを製品原価として製品に集計します

解き方としては、次のような仕掛品と製品のボックス図を描いて、原価の流れを把握するといいでしょう。※本問とは直接関係ないので、月末仕掛品の計算は省略しています。

仕掛品と製品のボックス図(全部原価計算)

※加工費¥440,000
=直接労務費¥162,000+変動製造間接費¥102,000+固定製造間接費¥176,000

損益計算書の作成

全部原価計算の損益計算書は、売上高から売上原価を差し引いて売上総利益を計算し、そこから販売費及び一般管理費を差し引いたものを営業利益として表示します。

したがって、全部原価計算による損益計算書は次のようになります。

全部原価計算による損益計算書

直接原価計算による損益計算書の作成

解き方

先ほどと同じく、仕掛品と製品のボックス図を描いて原価の流れを把握していきます。ただし、直接原価計算では変動製造原価のみを製品原価とする点に注意してください。したがって、月末仕掛品や月末製品、売上原価は変動製造原価のみで計算されるということになります。

仕掛品と製品のボックス図(直接原価計算)

※加工費¥264,000(固定製造間接費は含めない
=直接労務費¥162,000+変動製造間接費¥102,000

損益計算書の作成

直接原価計算では変動製造原価のみで売上原価を計算するので、これを変動売上原価として表示し、売上高からこの変動売上原価を差し引いたものを変動製造マージンとして表示します。

また、販売費のうち変動費部分を変動販売費として表示し、変動製造マージンから変動販売費を差し引いて貢献利益を計算します。

最後に、貢献利益から固定費(固定製造原価、固定販売費及び一般管理費)を差し引いて営業利益を計算します。

直接原価計算では固定製造原価はすべて期間原価として扱われるので、その期に発生した金額をそのまま費用として損益計算書に計上します。

直接原価計算による損益計算書

すでにお気づきの方もいると思いますが、全部原価計算による損益計算書と直接原価計算による損益計算書とでは営業利益の金額が異なります。

これは、直接原価計算では固定製造間接費のすべてが費用となるのに対して、全部原価計算ではその一部が月末在庫品(月末仕掛品および月末製品)として次月に繰り越されるのが原因です。

つまり、全部原価計算では固定製造間接費の一部だけしか当期の費用とならないので、「全部原価計算の費用計上額<直接原価計算の費用計上額」となり、「全部原価計算の営業利益>直接原価計算の営業利益」となるわけです。

次のページでは、この点についてもう少し詳しく見ていくことにします。




・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:工業簿記のアウトライン
 第1章:費目別計算
 第2章:個別原価計算①
 第3章:製造間接費の予定配賦
 第4章:個別原価計算②
 第5章:総合原価計算①
 第6章:総合原価計算②
 第7章:総合原価計算③
 第8章:総合原価計算④
 第9章:工業簿記の財務諸表
 第10章:標準原価計算
 第11章:CVP分析と直接原価計算
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲