1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
  3. 第2章-1:個別原価計算の意味と計算手続
2級工業簿記無料講座

第2章-1:個別原価計算の意味と計算手続

スポンサードリンク

個別原価計算とは

個別原価計算とは、受注したそれぞれの製品ごとの原価を計算する方法です。

受注生産では、顧客からの注文によって製品の仕様(材質や大きさなど)が異なります。したがって、原価もまた製品ごとに違ってきます。

そのため、受注生産を行なっている企業では、注文ごとにそれぞれの製品の原価を個別に計算する必要があります。このような場合に用いられる原価計算の方法が個別原価計算なのです。


個別原価計算の計算手続

すでに説明したように、製造原価は製造直接費製造間接費に分類することができますが、この製造直接費と製造間接費によって扱いが異なってきます。

まず、製造直接費は各製品に対して直接賦課すればいいだけなので問題ありません。なぜなら、製造直接費はどの製品に対して発生したのかが明確に分かる原価だからです。

一方、製造間接費はどの製品に対して発生したのかが明確にはわからない原価なので、製品に直接賦課することはできません。そこで、製造間接費については何らかの基準に基づいて各製品に按分する必要があるのです。

この手続きのことを製造間接費の配賦(はいふ)といいます。

個別原価計算における製造間接費の配賦

原価計算は、説明を読むよりも実際に問題を解いてみたほうが理解がしやすいと思いますので、次のページでは実際に個別原価計算の問題を解きながら、その解き方の手順について見ていくことにします。




ポイントチェック!

スポンサードリンク
1.個別原価計算とは、受注したそれぞれの製品ごとの原価を計算する方法をいい、主に受注生産企業で採用される。

2.製造直接費は各製品に対して直接賦課する。

3.製造間接費は一定の基準に基づいて各製品に按分する。これを製造間接費の配賦という。


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



簿記関連書籍の売れ筋(amazon)



PAGE TOP ▲