1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
  3. 第2章-1:個別原価計算とは
2級工業簿記無料講座

第2章-1:個別原価計算とは



個別原価計算の概要

個別原価計算とは、受注したそれぞれの製品ごとの原価を計算する方法です。

例えば、同じ製品を大量に生産するような大量生産の場合は、製品の仕様(材質や大きさなど)はどれも同じなので、基本的にどの製品も原価は同じになります。

しかし受注生産では、顧客からの注文ごとに異なる製品を生産するため、製品ごとにその仕様は異るのが通常です。

ボキタロー 製品の仕様が異なるってことは原価も製品ごとに異なってくるね。たしかに、大量生産の場合とは違うな。

はい。そのため、受注生産を行なっている企業では、注文ごとにそれぞれの製品の原価を個別に計算する必要があります。このような場合に用いられる原価計算の方法が個別原価計算なのです。


製造直接費と製造間接費

製造直接費とは?

製造直接費とは、どの製品に対して発生したのかが明確に分かる原価をいいます。

製造直接費は特定の製品に跡づけすることができるので、その原価が発生した製品に直接負担させれば済みます。

ちなみに、この手続きを(直接)賦課(ふか)または直課(ちょっか)といいます。

製造直接費のイメージ

製造間接費とは?

製造間接費とは、例えば工場建物の減価償却費や工場長の給料などのように、どの製品に対して発生したのかが明確にはわからない原価をいいます。

このような製造間接費は特定の製品に跡づけすることができないので、各製品に直接賦課することはできません。そこで、製造間接費については一定の基準に基づいて各製品に按分する必要が生じます。

この手続きのことを製造間接費の配賦(はいふ)といいます。

製造間接費のイメージ

ボキタロー 要するに製造直接費は賦課、製造間接費は配賦すればいいんだね。でも説明を読んだだけじゃ、よくわからないね。

はい。原価計算は実際に問題を解いてみたほうが理解しやすいと思いますので、次のページでは個別原価計算の問題を解きながら、その解き方の手順についてより具体的に見ていくことにしましょう。




・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:工業簿記のアウトライン
 第1章:費目別計算
 第2章:個別原価計算①
 第3章:製造間接費の予定配賦
 第4章:個別原価計算②
 第5章:総合原価計算①
 第6章:総合原価計算②
 第7章:総合原価計算③
 第8章:総合原価計算④
 第9章:工業簿記の財務諸表
 第10章:標準原価計算
 第11章:CVP分析と直接原価計算
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲