1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
  3. 第2章-3:個別原価計算の仕訳と勘定記入
2級工業簿記無料講座

第2章-3:個別原価計算の仕訳と勘定記入



前回のおさらい

さて今回は、前回の例題を使って個別原価計算の仕訳と勘定記入の方法を説明していきたいと思います。前回の例題で計算した原価計算表と製造間接費発生額及び生産状況は以下の通りです。

原価計算表

#100 #200 #300 合  計
直接材料費 ¥210,000 ¥132,000 ¥270,000 ¥612,000
直接労務費 ¥200,000 ¥100,000 ¥240,000 ¥540,000
製造間接費 ¥240,000 ¥120,000 ¥288,000 ¥648,000
合計 ¥650,000 ¥352,000 ¥798,000 ¥1,800,000
備  考 仕掛中 完成 完成・引渡し

製造間接費発生額

間接材料費 間接労務費 間接経費 合 計
¥125,000 ¥248,000 ¥275,000 ¥648,000

当期の生産状況

製造指図書 製品名 数 量 着手日 完成日 備  考
#100 A製品 200個 6/3 150個だけ完成
#200 B製品 100個 6/5 6/20 すべて完成
#300 C製品 300個 6/7 6/25 すべて完成・顧客に引渡済


仕訳と勘定記入の方法

①製造直接費の賦課

直接材料費と直接労務費の合計額を仕掛品勘定へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕掛品 1,152,000 材料
賃金
612,000
540,000

②製造間接費の集計

間接材料費・間接労務費・間接経費の発生額を製造間接費勘定へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
製造間接費 648,000 材料
賃金
経費
125,000
248,000
275,000

【①と②の勘定記入】

製造直接費と製造間接費の勘定記入方法

③製造間接費の配賦

製造間接費の配賦額を仕掛品勘定へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕掛品 648,000 製造間接費 648,000

④製品の完成

完成した製品(#200と#300)の製造原価(¥352,000+¥798,000)を仕掛品勘定から製品勘定へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
製品 1,150,000 仕掛品 1,150,000

生産量の全てが完成した時点で製品勘定へ振り替えます。製品勘定への振り替えは製造指図書単位で行われ、その一部だけを振り替えるということはできません。

つまり、#100は生産量が200個なのに対して150個しか完成していないので、仕掛中となります(月末仕掛品棚卸高となる)。


⑤製品の販売

販売した製品(#300)の製造原価を製品勘定から売上原価勘定へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売上原価 798,000 製品 798,000

※完成した製品のうち、顧客に引き渡した部分のみを売上原価勘定へ振り替えます。

#200は、全量が完成したにもかかわらず、いまだ顧客に引き渡されていないので、月末製品棚卸高となります。

【③④⑤の勘定記入】

製造間接費の配賦と製品勘定の記入方法

※個別原価計算の場合、各製造指図書ごとに製品の仕様が異なるので、仕掛品勘定について製造指図書ごとに分割して設定する場合もあります。この辺については問題に応じて柔軟に対応してください。




・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:工業簿記のアウトライン
 第1章:費目別計算
 第2章:個別原価計算①
 第3章:製造間接費の予定配賦
 第4章:個別原価計算②
 第5章:総合原価計算①
 第6章:総合原価計算②
 第7章:総合原価計算③
 第8章:総合原価計算④
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲