1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
  3. 第2章-5:仕損の仕訳と勘定記入
2級工業簿記無料講座

第2章-5:仕損の仕訳と勘定記入



前回のおさらい

前回の例題で作成した原価計算表です。これを使って、仕損の仕訳と勘定記入の方法を説明していきます。

#100 #200 #100-1 #200-1 合 計
直接材料費 160,000 50,000 20,000 100,000 330,000
直接労務費 230,000 70,000 15,000 170,000 485,000
製造間接費 310,000 100,000 15,000 330,000 755,000
小計 700,000 220,000 50,000 600,000 1,570,000
評価額 △70,000 △70,000
仕損費 50,000 △150,000 △50,000 150,000
合計 750,000 750,000 1,500,000

仕損の処理に関する仕訳は、仕損品に評価額がない場合とある場合とで異なります。


仕損品に評価額がない場合(#100-1)

ⅰ.仕損費計上時の仕訳

補修製造指図書(#100-1)に集計された原価を仕損費として計上します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕損費 50,000 仕掛品(#100-1) 50,000

ⅱ.仕損費賦課時の仕訳

補修製造指図書(#100-1)の仕損費を元の製造指図書(#100)の原価に賦課(加算)します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕掛品(#100) 50,000 仕損費 50,000

【勘定記入】

仕損品に評価額がない場合の勘定記入

仕損品に評価額がある場合(#200)

ⅰ.仕損費計上時の仕訳

全部が仕損となった旧製造指図書(#200)に集計された原価(仕損品の評価額控除後の金額)を仕損費として計上します。なお、仕損品の評価額は仕損品勘定(資産)で処理します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕損品
仕損費
70,000
150,000
仕掛品(#200) 220,000

ⅱ.仕損費賦課時の仕訳

旧製造指図書(#200)の仕損費を代品の製造のために発行された新製造指図書(#200-1)の原価に賦課(加算)します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕掛品(#200-1) 150,000 仕損費 150,000

【勘定記入】

仕損品に評価額がある場合の勘定記入



・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:工業簿記のアウトライン
 第1章:費目別計算
 第2章:個別原価計算①
 第3章:製造間接費の予定配賦
 第4章:個別原価計算②
 第5章:総合原価計算①
 第6章:総合原価計算②
 第7章:総合原価計算③
 第8章:総合原価計算④
 第9章:工業簿記の財務諸表
 第10章:標準原価計算
 第11章:CVP分析と直接原価計算
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲