1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
  3. 第3章-2:高低点法による固変分解
2級工業簿記無料講座

第3章-2:高低点法による固変分解

スポンサードリンク

高低点法とは

高低点法とは、過去の実績データのうち、操業度が最も高い点と最も低い点に着目し、その両者間の原価の動きを直線とみなして変動費率(操業度1単位あたりの変動製造間接費)と固定費を計算する方法です。

例題

過去6か月間の製品生産量と製造間接費のデータは以下のとおりである。そこで、高低点法によって製造間接費の固定費額と変動費率を計算しなさい。なお、当社における正常な操業度の範囲は月間生産量が200個から800個である。

生産量(個) 製造間接費(円)
1月 500 184,000
2月 300 160,000
3月 100 40,000
4月 600 236,000
5月 700 232,000
6月 900 420,000


高低点法の計算方法

固変分解では、正常な状態を前提として原価を予測するので、操業度が最も高い(低い)点でも、それが異常値である場合は高点(低点)とはみなしません。したがって、正常な操業度の範囲(操業圏)の外にある数値は無視します。

高低点法による製造間接費の固変分解の問題では、以下のような順番で考えていってください。

(1)正常な操業度の範囲の中で高点と低点を見つける。

まず、高点と低点は製造間接費の金額ではなく、操業度(例題では製品生産量)の高低で選択するということに注意してください。

また例題の場合、3月(100個)と6月(900個)の生産量は正常な操業度の範囲外なので無視します。したがって、高点は5月の700個、低点は2月の300個となります。

生産量(個) 製造間接費(円) 備  考
1月 500 184,000
2月 300 160,000 低点
3月 100 40,000 正常な操業度の範囲外なので無視
4月 600 236,000
5月 700 232,000 高点
6月 900 420,000 正常な操業度の範囲外なので無視

(2)高点と低点の差から、変動費率(直線の傾き)を求める。

高低点法による変動費率の計算式

(3)低点(または高点)の原価から変動費を差し引いて、固定費額を求める。

上で計算した変動費率は、操業度である製品生産量1個あたり180円が変動製造間接費であるということを意味します。つまり、それ以外の部分が固定製造間接費となるわけですから、低点(または高点)の原価から変動費を差し引いて固定費を計算します。

固定費額
= 低点(2月)の原価 - 低点(2月)の変動費
= 低点(2月)の原価 - 変動費率  × 低点(2月)の操業度
=  160,000円   -  @180円  ×    300個
=  106,000円

※高点のデータを使っても計算結果は同じになります。

高低点法の図解



ポイントチェック!

スポンサードリンク
1.正常な範囲内における操業度の最高点と最低点の間の原価の動きを直線とみなして変動費率および固定費を計算する方法を高低点法という。

2.高低点法では、直線の傾きとして変動費率を求める。

3.操業度の最高点または最低点における製造間接費から、その操業度での変動費を控除して固定費を求める。

※固定費の額はどの操業度においても一定ですが、変動費の額は操業度によって変わるということに注意してください。


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



簿記関連書籍の売れ筋(amazon)



PAGE TOP ▲