1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
  3. 第6章-1:組別総合原価計算の概要
2級工業簿記無料講座

第6章-1:組別総合原価計算の概要

スポンサードリンク

組別総合原価計算とは?

これまでは1種類の単一製品しか製造していないケースを前提とした単純総合原価計算を学習してきました。しかし現代の企業においては、単一製品しか製造していないというケースはむしろまれであり、複数の異なる種類の製品を製造販売している企業がほとんどです。

このように、複数の異種製品を製造している場合に用いられるのが組別総合原価計算という方法です。

例えば折り紙を折って、それを販売している会社があるとします。赤い紙で「鶴」を、緑の紙で「蛙」を同じ工程で一人の人が折っていると仮定します。製造原価は紙代と折り紙を折っている人の賃金のみと仮定してください。

組別総合原価計算のイメージ

このとき、「鶴」と「蛙」というそれぞれの製品のことを組製品といいます。この組別(製品別)に総合原価計算を行うので、組別総合原価計算というわけです。


組別総合原価計算の計算手続き

組別総合原価計算では、次のような手順で完成品原価および期末仕掛品原価を計算していきます。

①製造原価の分類・配分

まず製造原価を次のように分類し、それぞれの組製品へ配分します。

組直接費

どの製品のためにかかったのかを特定できる原価。上の例でいうと、紙代が組直接費ということになります。組直接費はどの製品の製造のためにかかったのかが明確にわかるので、その組製品に賦課すればいいだけです。

組間接費

どの製品のためにかかったのかを特定できない原価。上の例でいうと、折り紙を折っている人の賃金です。

組間接費はそれぞれの組製品に共通して発生するものなので、どの製品の製造のためにいくらかかったのかが明確にわかりません。

そこで組間接費については、一定の基準にもとづいて各組製品に配賦します。配賦の計算方法は製造間接費の配賦と同じなので問題ないでしょう。

組直接費と組間接費

なお、どの製造原価を組直接費又は組間接費とするのかということや組間接費の配賦基準については、問題文に指示があるのでそれに従ってください。

②完成品原価および期末仕掛品原価の計算

配分された組直接費・組間接費に基づいて、完成品原価および期末仕掛品原価を計算します。

これは、各組製品について今まで学習してきた単純総合原価計算を行えばいいだけです。すなわち、平均法や先入先出法などによって計算していきます。




最後にこのページのポイントをチェック!

スポンサードリンク
1.組別総合原価計算は、複数の異種製品を製造している場合に用いられる方法である。

2.組別総合原価計算の計算手続
①製造原価を組直接費組間接費に分類し、それぞれの組製品へ配分する。
・組直接費→組製品に賦課
・組間接費→組製品に配賦
②製品の種類ごとに単純総合原価計算を行い、完成品原価および期末仕掛品原価を計算する。


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



日商簿記試験の問題および解答解説を無料配布!

「資格の大原」では、日商簿記検定試験3・2級の全問題と解答および解説を一冊にした「問題・解答集」を無料送付しています。期間限定ですので必要な方はお早めに!

【入手の手順】

①まず、資格の大原の公式サイトへ→簿記講座【資格の大原】

②ページ中段の「試験情報・体験記」のタブから、「【解答速報情報】<第○○○回>日商簿記〇月検定 解答速報情報!」というリンクをクリック。

③「問題・解答解説 送付サービス(無料)」の項目にある「お申し込みはこちら」という赤いボタンをクリック。

④必要事項を入力して送信ボタンを押せば完了!

※もっと詳しく知りたい方は「日商簿記過去問を無料で入手する方法」をご覧ください。


メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

スポンサードリンク

おすすめセレクション

【おすすめWEB講座】
150以上の講座が月額980円で期間中なら何度でも受講可能!
WEB講座専門だからできる格安のお値段と万全のサポート体制!
長年の確かな実績と経験に裏付けされた安心感・安定感は抜群!
【おすすめ電卓】
【おすすめ書籍販売サイト】
ネットスクール 簿記 税理士 FP 宅建 ns
【おすすめ会計ソフト】
PAGE TOP ▲