1. TOP
  2. 2級工業簿記無料講座
  3. 第8章-2:度外視法の計算①(平均法)
2級工業簿記無料講座

第8章-2:度外視法の計算①(平均法)

スポンサードリンク

例題

当社ではA製品を製造しており、単純総合原価計算を採用している。次の資料に基づいて、以下の各問いに答えなさい。なお、正常仕損費の按分は度外視法によること。

1.生産データ

月初仕掛品 250個 (4/5)
当月投入 950個
1,200個
正常仕損品 200個
月末仕掛品 300個 (2/3)
完成品 700個

注)材料はすべて始点で投入している。( )内は加工進捗度を示す。

2.製造原価データ

直接材料費 加工費
月初仕掛品原価 ¥380,000 ¥144,000 ¥524,000
当月製造費用 ¥700,000 ¥450,000 ¥1,150,000
¥1,080,000 ¥594,000 ¥1,674,000

3.原価配分の方法は平均法による。

4.正常仕損費の負担関係は、正常仕損の発生点と月末仕掛品の加工進捗度とを比較して判断すること。


(問1)仕損が工程の終点で発生する場合、完成品総合原価と月末仕掛品原価を求めなさい。

(問2)仕損が工程の1/2の点で発生する場合、完成品総合原価と月末仕掛品原価を求めなさい。

(問3)仕損の発生点が不明の場合、完成品総合原価と月末仕掛品原価を求めなさい。



完成品負担のケース(問1)

問1は「月末仕掛品の進捗度(2/3)<仕損の発生点(終点)」のケースなので、月末仕掛品からは仕損が発生していないと考え、正常仕損費をすべて完成品に負担させます。

直接材料費の計算

①実際の投入量に基づいた単位原価で月末仕掛品を計算する

平均法なので、実際投入量は貸方側の合計1,200個(=完成品700個+正常仕損200個+月末仕掛品300個)をそのまま使います。この実際の投入量に基づいて計算された単価は、正常仕損費を含んでいないものであるという点に注意してください。

(月初仕掛品原価¥380,000+当月製造費用¥700,000)÷(完成品700個+正常仕損200個+月末仕掛品300個)
=¥1,080,000÷1,200個
@¥900

この単価を使って月末仕掛品を計算するので、月末仕掛品は正常仕損費を負担しないということになるわけです。

月末仕掛品原価 = @¥900 × 300個 = ¥270,000

②計算上の完成品量に基づいた完成品原価を計算する

実際の完成品は700個ですが、計算上はこれに正常仕損200個を含めた900個を完成品とみなして完成品原価を計算します。これにより、正常仕損費はすべて完成品が負担することとなります。

完成品原価 = ¥1,080,000 - ¥270,000 = ¥810,000

度外視法(完成品負担)における直接材料費計算のボックス図

加工費の計算

加工費も直接材料費と同じように計算していきますが、正常仕損は月末仕掛品と同様に完成品換算量(発生点を掛けたもの)を使うという点に注意が必要です。仕損は工程の終点で発生するので、完成品換算量は100%で計算してください。

度外視法(完成品負担)における加工費計算のボックス図

(問1)の答え

以上より、完成品総合原価および月末仕掛品原価は次のとおりです。

完成品総合原価 ¥1,296,000(= 直接材料費¥810,000 + 加工費¥486,000)
月末仕掛品原価 ¥378,000(= 直接材料費¥270,000 + 加工費¥108,000)


両者負担のケース(問2)

問2は「月末仕掛品の進捗度(2/3)>仕損の発生点(1/2)」のケースなので、月末仕掛品からも仕損が発生したと考え、正常仕損費を完成品および月末仕掛品の両者に負担させます。

直接材料費の計算

①計算上の投入量に基づいた単位原価を計算する

度外視法では、正常仕損を無視することによって正常仕損費を良品(完成品および月末仕掛品)に負担させます。つまり、正常仕損分は最初から投入されなかったと考えて計算していくことになります。すると、仕損の分だけ投入量が減って単位原価が高くなるので、これによって完成品および月末仕掛品の原価を計算することで、自動的に両者が正常仕損費を負担することになるわけです。

具体的には、実際の投入量1,200個から正常仕損200個を除いたもの(計算上の投入量)を使って単価を計算します。

(月初仕掛品原価¥380,000+当月製造費用¥700,000)÷(完成品700個+月末仕掛品300個)
=¥1,080,000÷1,000個
@¥1,080

問1のケースと比較すると、単価が@¥900から@¥1,080にアップしていますが、これは単価の中に正常仕損費が含まれているからです。つまり、この単価を使って完成品および月末仕掛品の原価を計算することで、自動的に両者に正常仕損費が按分されることになるのです。

②月末仕掛品および完成品の原価を計算する

①で求めた単価を使って、完成品および月末仕掛品の原価を計算します(完成品原価は差額で計算しても構いません)。

月末仕掛品原価 = @¥1,080 × 300個 = ¥324,000
完成品原価 = @¥1,080 × 700個 = ¥756,000

度外視法(両者負担)における直接材料費計算のボックス図

加工費の計算

度外視法(両者負担)における加工費計算のボックス図

※度外視法では正常仕損は最初から投入されなかったと考えて計算していくので、ボックス図の中にあえて正常仕損を書く必要はありません。

(問2)の答え

以上より、完成品総合原価および月末仕掛品原価は次のとおりです。

完成品総合原価 ¥1,218,000(= 直接材料費¥756,000 + 加工費¥462,000)
月末仕掛品原価 ¥456,000(= 直接材料費¥324,000 + 加工費¥132,000)

問1では正常仕損費をすべて完成品が負担していたのに対して、問2では完成品および月末仕掛品の両者に按分します。その結果、問1の答えと比較して完成品総合原価は少なくなり、逆に月末仕掛品原価は高くなります。


発生点が不明なケース(問3)

仕損(減損)の発生点が不明の場合、加工費の計算において仕損(減損)の完成品換算量がわからないので、完成品のみに負担させる方法では計算できません。

そこで、発生点が不明なケースでは両者負担と考えて計算します。したがって、計算方法および答えは問2のケースと全く同じになります。

仕損の発生点が不明なケースにおける加工費計算のボックス図



最後にこのページのポイントをチェック!

スポンサードリンク
1.完成品負担のケース
正常仕損費を負担しない平均単価を使って、月末仕掛品原価を計算する。
②差額により、正常仕損分も含めて完成品原価を計算する。
※計算上は正常仕損を完成品とみなす。

2.両者負担のケース
正常仕損分を無視して平均単価を計算する。
正常仕損費を負担させた平均単価を使って、月末仕掛品原価および完成品原価を計算する。

3.発生点が不明なケース
両者負担のケースと同様。


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



日商簿記試験の問題および解答解説を無料配布!

「資格の大原」では、日商簿記検定試験3・2級の全問題と解答および解説を一冊にした「問題・解答集」を無料送付しています。期間限定ですので必要な方はお早めに!

【入手の手順】

①まず、資格の大原の公式サイトへ→簿記講座【資格の大原】

②ページ中段の「試験情報・体験記」のタブから、「【解答速報情報】<第○○○回>日商簿記〇月検定 解答速報情報!」というリンクをクリック。

③「問題・解答解説 送付サービス(無料)」の項目にある「お申し込みはこちら」という赤いボタンをクリック。

④必要事項を入力して送信ボタンを押せば完了!

※もっと詳しく知りたい方は「日商簿記過去問を無料で入手する方法」をご覧ください。


メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

スポンサードリンク

おすすめセレクション

【おすすめWEB講座】
150以上の講座が月額980円で期間中なら何度でも受講可能!
WEB講座専門だからできる格安のお値段と万全のサポート体制!
長年の確かな実績と経験に裏付けされた安心感・安定感は抜群!
【おすすめ電卓】
【おすすめ書籍販売サイト】
ネットスクール 簿記 税理士 FP 宅建 ns
【おすすめ会計ソフト】
PAGE TOP ▲