1. TOP
  2. 2級商業簿記無料講座
  3. 第1章-1:銀行勘定調整表の意味と処理方法
2級商業簿記無料講座

第1章-1:銀行勘定調整表の意味と処理方法



銀行勘定調整表とは?

ボキタロー 決算の時に銀行から残高証明書を取り寄せて当座預金の残高を調べたんだけど、帳簿の金額と一致しないんだ。この場合どうしたらいいの?

はい。企業側の当座預金勘定残高(帳簿残高)と銀行残高証明書(当座預金の残高を証明する書類)の残高が何らかの原因で一致しないことがあります。そのような場合には、この不一致の原因を確認・調整するために銀行勘定調整表というものを作成します。

銀行勘定調整表とは?

銀行勘定調整表を作成するためには、「どのような原因で不一致が生じているのか?」さらには、「その不一致を調整するためにはどうすればいいのか?」ということを知っておく必要があります。

そこで銀行勘定調整表の作成方法を説明する前にまず、不一致の原因となるものにはどんなものがあるのか?そして、それらをどのように調整すればいいのか?ということについて説明していきたいと思います。


不一致の原因となるもの

企業側の当座預金勘定残高と銀行側の残高証明書の残高が一致しない主な原因として以下のようなことが考えられますが、不一致の原因によって、修正仕訳が不要なものと修正仕訳が必要になるものがあるということに注意してください。

修正仕訳が不要なもの

不一致の原因のうち、「時間外預入」「未取付小切手(みとりつけこぎって)」「未取立小切手(みとりたてこぎって)」の3つは修正仕訳をする必要はありません。

ボキタロー なんで修正仕訳をしなくていいの?

この3つは企業側で何もしなくても時が来れば勝手に不一致が解消するものなので、仕訳は必要ないというわけです。このページでは、まずこの修正仕訳が不要な3つについて説明していきたいと思います。

修正仕訳が必要なもの

不一致の原因のうち、「誤記入」「連絡未通知」「未渡小切手(みわたしこぎって)」の3つは修正仕訳をする必要があります。なぜなら、この3つは放っておけば勝手に解消される性質のものではないからです。

なお、修正仕訳が必要なものについては次のページで詳しく説明します。


修正仕訳が不要な不一致の原因

時間外預入

例題 当座預金口座へ¥500預け入れたが、銀行の営業時間外であったため翌日入金処理となっていた。なお、当社の当座預金の帳簿残高は¥10,000であるが、銀行残高証明書の残高は¥9,500であった。

当座預金を預け入れると当然ながら当座預金の残高は増加しますが、銀行の営業時間外に預け入れられた場合、銀行側の入金処理が翌営業日となるため、これが残高証明書の金額に反映されていません。そこで、銀行側の残高証明書の金額を増加させる調整をします

正しい処理 当座預金の増加
企業側 預入時にすでに当座預金を増加させている
→企業側の調整は必要なし
銀行側 翌営業日に入金処理がされるので当座預金はまだ増加していない
銀行残高証明書残高の金額を増加させる
時間外預入の調整

未取付小切手

例題 仕入先に対して振り出した小切手¥1,000がいまだ銀行に呈示されていない。なお、当社の当座預金の帳簿残高は¥10,000であるが、銀行残高証明書の残高は¥11,000であった。

未取付小切手(みとりつけこぎって)とは、当社が相手方に振り出した小切手のうち、いまだ相手方が銀行に持ち込んでいない(呈示していない)ものをいいます(参照:【日商簿記3級無料講座】第1章-3:当座預金の意味と当店振出小切手)。

未取付小切手のイメージ

小切手を振り出したときに企業側では当座預金を減少させる処理を行っていますが、いまだ相手方が小切手を銀行に呈示していないので、これが残高証明書の金額に反映されていません。そこで、銀行側の残高証明書の金額を減少させる調整をします

正しい処理 当座預金の減少
企業側 相手方に振り出した時点ですでに当座預金を減少させている
→企業側の調整は必要なし
銀行側 まだ相手方が銀行に呈示していないので当座預金は減少していない
銀行残高証明書残高の金額を減少させる
未取付小切手の調整

未取立小切手

例題 銀行に預け入れていた小切手¥2,000が未取立てであった。なお、当社の当座預金の帳簿残高は¥10,000であるが、銀行残高証明書の残高は¥8,000であった。

他人が振り出した小切手を銀行に預け入れ、その代金の取り立てを銀行に依頼することがあります。このとき、銀行がまだ取り立てていない小切手を未取立小切手(みとりたてこぎって)といいます。

未取立小切手のイメージ

企業側では、小切手を銀行に預け入れときに当座預金を増加させる処理を行います。一方、銀行側ではまだ小切手の代金を取り立てていないので、これが残高証明書の金額に反映されていません。そこで、銀行側の残高証明書の金額を増加させる調整をします

正しい処理 当座預金の増加
企業側 小切手の預入時にすでに当座預金を増加させている
→企業側の調整は必要なし
銀行側 まだ代金を取り立てていないので当座預金は増加していない
銀行残高証明書残高の金額を増加させる
未取立小切手の調整
ボキタロー 要するに、修正仕訳が不要なものはすべて残高証明書の金額の方を調整するんだね。

はい、そういうことです。




・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:本章に入る前に
 第1章:銀行勘定調整表
 第2章:商品売買
 第3章:手形取引
 第4章:売買目的有価証券および満期保有目的債券
 第5章:固定資産
 第6章:引当金
 第7章:社債
※試験範囲外のため削除
 第8章:株式の発行および剰余金
 第9章:税金および決算等
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲