1. TOP
  2. 2級商業簿記無料講座
  3. 第1章-3:両者区分調整法
2級商業簿記無料講座

第1章-3:両者区分調整法



銀行勘定調整表の作成方法

銀行勘定調整表の作成方法には、①両者区分調整法(適正残高調整法)、②企業残高基準法、③銀行残高基準法という3つの方法がありますが、基本となるのが①両者区分調整法ですので、まずこれをしっかりとマスターしてください。

②企業残高基準法と③銀行残高基準法は、両者区分調整法との違いを理解していれば大丈夫だと思います。


両者区分調整法による銀行勘定調整表

両者区分調整法とは、企業側の当座預金勘定残高と銀行側の銀行残高証明書残高のそれぞれの不一致原因を調整して、適正な当座預金残高を求める方法です。

この方法で調整されたものが適正な当座預金勘定残高となるので、この金額が貸借対照表上(もしくは決算整理後残高試算表)の当座預金勘定の金額となります。

例題

決算日現在の当座預金勘定残高は¥189,500、銀行残高証明書残高は¥191,500である。調査の結果、不一致の原因が次のように判明した。両者区分調整法によって、銀行勘定調整表を作成しなさい。

【不一致の原因】

①仕入先に対して振り出した小切手¥1,000がいまだ銀行に呈示されていない。

②買掛金の決済のために振り出した小切手¥800が金庫に保管されたままになっていた。

③買掛金の代金¥1,900が当座預金から引き落とされていたが、当社に連絡未達のため未記入になっていた。

④当座預金口座へ¥500預入れたが、銀行の営業時間外であったため翌日入金処理となっていた。

⑤得意先からの売掛金の振込額¥1,300を貸借逆に記帳していた。


解答・解説

ここでもう1度、銀行側と企業側の調整項目をおさらいしておきます。

(1)銀行側の調整項目
①未取付小切手 銀行残高証明書残高を(-)
②時間外預入 銀行残高証明書残高を(+)

(2)企業側の調整項目(修正仕訳が必要となるもの
①未渡小切手 当座預金勘定を(+)
②連絡未達 当座預金勘定を(+)or(-)
③誤記入 当座預金勘定を(+)or(-)

したがって、両者区分調整法によって銀行勘定調整表を作成すると次のようになります。

両者区分調整法による銀行勘定調整表

なお、企業側の調整項目(銀行勘定調整表の向かって左側)については、企業側において修正仕訳が必要になります。修正仕訳が必要なものについては、当座預金勘定の相手科目の修正も必要になるので注意してください。

※銀行勘定調整表の形式については決まったものがあるわけではありませんので、銀行勘定調整表の作成問題が出題された場合は、解答用紙などに記載されている形式に応じて作成してください。




・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:本章に入る前に
 第1章:銀行勘定調整表
 第2章:商品売買
 第3章:手形取引
 第4章:売買目的有価証券および満期保有目的債券
 第5章:固定資産
 第6章:引当金
 第7章:社債
※試験範囲外のため削除
 第8章:株式の発行および剰余金
 第9章:税金および決算等
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲