1. TOP
  2. 2級商業簿記無料講座
  3. 第3章-3:営業外手形
2級商業簿記無料講座

第3章-3:営業外手形



営業外支払(受取)手形を振り出したとき

まずはこの仕訳を考えてみてください。

例題 当社はA社から営業用の土地を¥1,000,000で購入し、代金は約束手形を振り出して支払った。なお、当社・A社ともに土地の売買を目的とした会社ではない。

ボキタロー (借)土  地  1,000,000 (貸)支払手形  1,000,000
よし!仕訳終了!

「支払手形」や「受取手形」という勘定科目は、商品を売買したときにしか用いることはできません。商品以外のものを売買したときに手形を振り出した場合には、「営業外受取手形」(資産)または「営業外支払手形」(負債)を用いて処理します。

売買したもの 使用する勘定科目
商品 「受取手形」「支払手形」
商品以外のもの 「営業外受取手形」「営業外支払手形」

したがって、例題の正しい仕訳は次のようになります。

当社の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
土地 1,000,000 営業外支払手形 1,000,000

A社の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
営業外受取手形 1,000,000 土地 1,000,000


営業外支払(受取)手形を決済したとき

営業外支払(受取)手形を決済したときの処理は、通常の支払(受取)手形の場合と同じです。

例題 上記の手形が満期日となり、当社はA社に手形代金¥1,000,000を現金で支払った。

当社の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
営業外支払手形 1,000,000 現金 1,000,000

A社の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 1,000,000 営業外受取手形 1,000,000

ボキタロー そういえば、3級でもこれと似たような感じのものがあったよね。

はい。商品を売買したときには「売掛金」「買掛金」を使い、商品以外のものを売買したときには「未収入金」「未払金」を使って区別するのと似ています。今回はそれが手形になったというだけの話です。




・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:本章に入る前に
 第1章:銀行勘定調整表
 第2章:商品売買
 第3章:手形その他債権債務
 第4章:有価証券
 第5章:固定資産
 第6章:引当金
 第7章:リース取引
※作成中
 第8章:株式の発行、合併、剰余金
 第9章:税金および決算等
 第10章:本支店会計
※作成中
 第11章:外貨換算会計
※作成中
 第12章:税効果会計
※作成中
 第13章:連結会計
※作成中
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲