1. TOP
  2. 2級商業簿記無料講座
  3. 第3章-5:営業外支払手形・営業外受取手形
2級商業簿記無料講座

第3章-5:営業外支払手形・営業外受取手形

スポンサードリンク

営業外支払(受取)手形を振り出したとき

「支払手形」や「受取手形」という勘定科目は、商品を売買したときにしか用いることはできません。商品以外のものを売買したときに手形を振り出した場合には、「営業外支払手形」(負債)および「営業外受取手形」(資産)を用いて処理します。

例題 A社はB社から営業用の土地を¥1,000,000で購入し、代金は約束手形を振り出して支払った。なお、A社・B社ともに土地の売買を目的とした会社ではない。

A社の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
土地 1,000,000 営業外支払手形 1,000,000

B社の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
営業外受取手形 1,000,000 土地 1,000,000


営業外支払(受取)手形を決済したとき

営業外支払(受取)手形を決済したときの処理は、通常の支払(受取)手形の場合と同じです。

例題 上記の手形が満期日となり、A社はB社に手形代金¥1,000,000を現金で支払った。

A社の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
営業外支払手形 1,000,000 現金 1,000,000

B社の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 1,000,000 営業外受取手形 1,000,000

【まとめ】

売買したもの 勘定科目
商品 「受取手形」、「支払手形」
商品以外のもの 「営業外受取手形」、「営業外支払手形」



ポイントチェック!

スポンサードリンク
1.受取手形勘定や支払手形勘定は商品売買の際に用いる勘定科目である。

2.商品以外のものを売買したときに手形を振り出した場合は、営業外受取手形勘定または、営業外支払手形勘定を用いて処理をする。


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



簿記関連書籍の売れ筋(amazon)



PAGE TOP ▲