1. TOP
  2. 2級商業簿記無料講座
  3. 第5章-1:資本的支出と収益的支出および建設仮勘定
2級商業簿記無料講座

第5章-1:資本的支出と収益的支出および建設仮勘定



資本的支出と収益的支出

例えば、建物を耐震構造にしたり、壁を防音・防火加工するなど、固定資産の改良や耐用年数の延長によって、その価値を増加させる支出のことを資本的支出といい、固定資産の取得原価に含めて処理します(資産計上)。

一方、壁や屋根の補修や修繕など、当初予定された耐用年数や機能を維持するための支出を収益的支出といい、修繕費勘定(販売費及び一般管理費)で処理します(費用計上)。

ボキタロー どんな目的で支出したかによって処理の方法が違うんだね。

資本的支出と収益的支出のイメージ

例題 建物の改修工事を行い、¥1,000,000を小切手を振り出して支払った。このうち、¥700,000は耐用年数を延長させる改良のための支出であり、残りは定期的修繕のための支出である。

改良のための支出は資本的支出に該当するので建物の取得原価に含めます。また、定期的修繕のための支出は収益的支出に該当するので修繕費で処理します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
建物
修繕費
700,000
300,000
当座預金 1,000,000


建設仮勘定

建物などを建設する場合、完成までの間に支払った工事代金は建設仮勘定という勘定を設けて処理します。

ボキタロー なるほど。建物仮勘定か。

”建物”仮勘定ではなく、”建設”仮勘定です。間違いやすいので注意してください。

代金の前渡し時の処理

例題 1月1日に建物の建設のため建設会社と¥1,000,000で契約し、手付金として、このうち¥300,000を小切手を振り出して支払った。

建物が完成し引渡しを受けるまでに支払った工事代金は、すべて「建設仮勘定」の借方に記入します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
建設仮勘定 300,000 当座預金 300,000
ボキタロー 「前払金」じゃダメ?

建物などを建設する場合、それが完成するまでに相当の期間を要し、また金額も多額になるので、通常の前払金とは区別して建設仮勘定を用いて処理します。

なお、建設仮勘定は貸借対照表上、固定資産(有形固定資産の区分)として表示します。

ボキタロー 固定資産だったら建物とかみたいに減価償却をしないといけないの?

建設仮勘定はいまだ使用されていない固定資産に関する支出なので減価償却は行いません

完成・引渡時の処理

例題 9月30日に、建物が完成して引渡しを受け、契約金額の残額¥700,000を小切手を振り出して支払った。なお、この建物は翌日より使用を開始した。

完成して引渡しを受けた時点で、それまでに支払ってきた分、すなわち建設仮勘定の借方に記入されている金額を建物勘定に振り替えます

借方科目 金額 貸方科目 金額
建物 1,000,000 建設仮勘定
当座預金
300,000
700,000
ボキタロー 完成して引き渡しを受けた段階で建設仮勘定は消えてなくなるってことか。

はい、そういうことになります。

建設仮勘定のイメージ

決算時の処理

例題 12月31日に決算となり、以下の条件で上記建物の減価償却を行う。
・記帳方式:間接法
・償却方法:定額法
・耐用年数:20年
・残存価額:取得原価の10%

減価償却費は、使用を開始した月(10月1日)から決算日(12月31日)までの間の月割で計算します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
減価償却費 11,250 建物減価償却累計額 11,250

※¥1,000,000×0.9×3か月/240か月(20年)=¥11,250




・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:本章に入る前に
 第1章:銀行勘定調整表
 第2章:商品売買
 第3章:手形その他債権債務
 第4章:有価証券
 第5章:固定資産
 第6章:引当金
 第7章:リース取引
※作成中
 第8章:株式の発行、合併、剰余金
 第9章:税金および決算等
 第10章:本支店会計
※作成中
 第11章:外貨換算会計
※作成中
 第12章:税効果会計
※作成中
 第13章:連結会計
※作成中
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲