1. TOP
  2. 2級商業簿記無料講座
  3. 第5章-4:固定資産の滅失と割賦購入
2級商業簿記無料講座

第5章-4:固定資産の滅失と割賦購入




固定資産の滅失

地震や火災などの災害によって、固定資産を失う(または価値が減少する)ことを滅失(めっしつ)といいます。

固定資産が滅失した時の仕訳

例題 当期首に建物(取得原価¥100,000、減価償却累計額¥60,000、間接法で記帳)が火災により焼失したので、保険会社に保険金を請求した。なお、この建物には¥50,000の火災保険がかけられている。
ボキタロー ¥50,000の火災保険がかけられているってことは¥50,000もらえるの?

保険会社に保険金を請求すると、保険会社が調査を行い、その結果いくら支払うかを決定します。つまり、¥50,000の火災保険をかけているからといって、必ず¥50,000の保険金が支払われるわけではありません。

固定資産の滅失のイメージ

保険金が確定するまでの間、焼失による損益が算定できないので、簿価の減少部分を一時的に未決算勘定で処理しておきます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
建物減価償却累計額
未決算
60,000
40,000
建物 100,000

※未決算は「火災未決算」を使う場合もあります。試験では指示に従ってください。

保険金の金額が確定したときの仕訳

保険金の金額が確定したときの処理方法は、未決算勘定の金額と保険金額との大小関係によって異なります。

ⅰ.「未決算>保険金」の場合(借方に差額が出るケース)

例題 保険会社から保険金¥35,000を支払うという通知を受けた。

滅失したときに計上している未決算勘定を減額させるとともに、保険金との差額を火災損失勘定(特別損失)で処理します。なお、この時点では支払いの通知を受けただけで、まだ保険金を受け取っていないので、確定した保険金額は未収入金勘定で処理しておきます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
未収入金
火災損失
35,000
5,000
未決算 40,000

ⅱ.「未決算<保険金」の場合(貸方に差額が出るケース)

例題 保険会社から保険金¥50,000を支払うという通知を受けた。

未決算勘定を減額させるとともに、保険金との差額を保険差益勘定(特別利益)で処理します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
未収入金 50,000 未決算
保険差益
40,000
10,000

滅失した固定資産に保険を掛けていない場合

最初の例題で、仮に滅失した建物に保険がかけられていない場合は、建物の帳簿価額をすべて火災損失勘定で処理します

借方科目 金額 貸方科目 金額
建物減価償却累計額
火災損失
60,000
40,000
建物 100,000


固定資産の割賦購入

固定資産の割賦(かっぷ)購入とは、分割払いの契約で固定資産を購入することをいいます。

割賦購入したときの仕訳

例題 備品¥120,000を6回の分割払いで購入し、代金として毎月末を決済日とする¥21,000の約束手形6枚(総額¥126,000)を振り出した。なお、利息分については前払利息勘定で処理する。
ボキタロー はい。仕訳できました。
(借)備  品 126,000/支払手形 126,000

割賦購入では代金の支払いが遅くなるので、通常代金の中に利息分が含まれていますが、この利息は原則として取得原価に含めません

備品の取得原価は購入代価(付随費用がある場合はそれを含めた金額)とし、利息分については問題文の指示にあるとおり前払利息勘定(資産)で処理します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
備品
前払利息
120,000
6,000
営業外支払手形 126,000

ちなみに、この手形は商品以外の購入に際して振り出したものなので、以前学習した営業外支払手形を使います。

ボキタロー あっ、二重に間違えてたのね。。。
固定資産の割賦購入のイメージ(割賦購入したとき)

代金を支払ったときの仕訳

例題 月末となり、以前備品を割賦購入した際に振り出した手形について現金で決済した。なお、利息の処理は支払日に定額法で費用計上する方法によっている。

2級では利息の処理について、その総額を支払期間で均等に配分する方法(定額法)が出題されます。

例題の場合、利息総額¥6,000を支払回数6回で割った金額(¥1,000)を支払日ごとに前払利息勘定から支払利息勘定へ振り替えます

借方科目 金額 貸方科目 金額
営業外支払手形
支払利息
21,000
1,000
現金
前払利息
21,000
1,000

固定資産の割賦購入のイメージ(代金を支払ったとき)

購入時に利息分を費用計上する方法(参考)

固定資産を割賦購入したときに、利息分のすべてを支払利息勘定で処理する方法もあります。出題可能性は低いかもしれませんが、一応簡単に説明しておきます。

ⅰ.割賦購入したときの処理

利息分は支払利息勘定で処理します。つまり、購入時に利息相当額のすべてを費用計上するというわけです。

借方科目 金額 貸方科目 金額
備品
支払利息
120,000
6,000
営業外支払手形 126,000

ⅱ.代金を支払ったときの処理

この方法では、代金を支払ったときには利息に関する処理は行いません。

借方科目 金額 貸方科目 金額
営業外支払手形 21,000 現金 21,000

ⅲ.決算時の処理

決算において、利息の未経過分を支払利息勘定から前払利息勘定へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
前払利息 5,000 支払利息 5,000

利息分を資産計上した場合でも費用計上した場合でも、決算整理後残高試算表における前払利息勘定および支払利息勘定の金額は同じになります。




・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第0章:本章に入る前に
 第1章:銀行勘定調整表
 第2章:商品売買
 第3章:手形その他債権債務
 第4章:有価証券
 第5章:固定資産
 第6章:引当金
 第7章:リース取引
※作成中
 第8章:株式の発行、合併、剰余金
 第9章:税金および決算等
 第10章:本支店会計
※作成中
 第11章:外貨換算会計
※作成中
 第12章:税効果会計
※作成中
 第13章:連結会計
※作成中
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲