1. TOP
  2. 2級商業簿記無料講座
  3. 第6章-2:その他の引当金
2級商業簿記無料講座

第6章-2:その他の引当金

スポンサードリンク

修繕引当金

修繕引当金とは、次期における修繕費の支払いに備えて設定される引当金です。

決算時の処理

例題 修繕引当金の当期繰入額は¥100,000である。

修繕引当金繰入(販売費及び一般管理費)を計上し、修繕引当金を増加します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
修繕引当金繰入 100,000 修繕引当金 100,000

修繕時の処理

例題 建物の修繕を行い、現金¥150,000を支払った。なお、修繕引当金が¥100,000設定されている。

修繕時には、まず修繕引当金を取り崩し、超過する部分については「修繕費」として処理します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
修繕引当金
修繕費
100,000
50,000
現金 150,000


商品保証引当金

商品保証引当金とは、販売した商品に対して一定期間無償で修理する旨の保証契約がある場合に、それに備えて設定される引当金です。

決算時の処理

例題 商品保証引当金の当期繰入額は¥80,000である。

商品保証引当金繰入(販売費及び一般管理費)を計上し、商品保証引当金を増加します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
商品保証引当金繰入 80,000 商品保証引当金 80,000

保証対応時の処理

例題 品質保証付きで販売した商品について修理の申し出があったため、修理業者に対して修理のための費用¥10,000を現金で支払った。なお、商品保証引当金¥80,000を設定している。

商品保証を行なったときは、支出した金額だけ「商品保証引当金」を取り崩す処理をします。

借方科目 金額 貸方科目 金額
商品保証引当金 10,000 現金 10,000


売上割戻引当金

商品を一定額(または一定量)以上購入してもらった得意先に対して、販売代金の一部を売掛金から減額したり現金等で払い戻したりすることがあります。これを売上割戻といい、これに備えて設定される引当金を売上割戻引当金といいます。

決算時の処理

例題 決算に際し、売掛金残高のうち¥100,000に対して、2%の売上割戻引当金を設定する。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売上割戻引当金繰入 2,000 売上割戻引当金 2,000

※「売上割戻引当金繰入」は、損益計算書の売上高から控除します。

売上割戻時

例題 売上割戻し¥5,000を行い、売掛金と相殺した。なお、売上割戻しのうち¥1,000は前期に販売したものである。前期末に売上割戻引当金¥2,000が設定されている。

売上割戻時の処理は、前期販売分の割戻と当期販売分の割戻とで処理の方法が異なってきます。イメージとしては、3級で学習した貸し倒れ時の処理とほぼ同じです。

【前期販売分の割戻】

前期末の時点において、翌期の売上割戻に備えるために売上割戻引当金を設定しています。したがって、前期販売分の割戻については、売上割戻引当金を取り崩す処理をします。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売上割戻引当金 1,000 売掛金 1,000

【当期販売分の割戻】

当期販売分の割戻については、いまだこれに備えるための売上割戻引当金は設定されていません。したがって、売上割戻引当金を取り崩すことはできないので、直接売上を取り消す処理をします。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売上 4,000 売掛金 4,000

上の2つの仕訳を合算したものが正解の仕訳となります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売上割戻引当金
売上
1,000
4,000
売掛金 5,000



ポイントチェック!

スポンサードリンク
1.売上割戻引当金繰入は、損益計算書の売上高から直接控除する。

2.売上割戻引当金の処理
前期販売分の割戻→売上割戻引当金を取り崩す。
当期販売分の割戻→売上を取り消す。


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



簿記関連書籍の売れ筋(amazon)



PAGE TOP ▲