1. TOP
  2. 日商簿記3級無料講座
  3. 第5章-7:資本金と引出金および税金
日商簿記3級無料講座

第5章-7:資本金と引出金および税金

会社を始めるとき、営業の準備をするためのお金や店舗など、会社の”元手”となるものが必要になります。ちなみに、この”元手”を自由に引き出すことは株式会社(2級以上が対象)では認められていないので3級のみの処理となります。

スポンサードリンク

資本の元入れ

個人でお店や会社を開業する場合、まず元手となるものが何もないとどうしようもありません。そこで、開業にあたって現金や建物等といった資産をお店や会社に出資します。これを資本の元入れといい、貸方は「資本金」で処理します。

例題 現金¥2,000を元入れして開業した。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 2,000 資本金 2,000

資本金は純資産の項目(貸方項目)なので、増加すれば貸方に、逆に減少すれば借方に記入します。資本金はお店や会社の元本(元手)となるものを意味します。

なお、資本の元入れは現金以外にも、建物などの資産を現物で出資する場合もあります。

例題 後日、建物¥5,000を追加元入れした。

借方科目 金額 貸方科目 金額
建物 5,000 資本金 5,000


資本の引き出し

個人企業や個人経営のお店などの場合、お店のお金や商品などを私用に使う場合があります。これを資本の引き出しといい、資本の元入れとは逆の取引となります。なお、この場合にはお店の分と個人の分とをきちんと分ける必要があります。

face01 自分のお店のお金なのに勝手に使ったらだめなの?

お店のお金を使うかどうかは店主の勝手ですが、例えば私用に使ったお金を会社の費用として計上したり、逆に会社の費用として処理すべきものを費用処理しなかったり、というのは認められないということです。

そのための処理として、①引出金勘定を使わずに処理する方法と②引出金勘定を使って処理する方法があります。


①引出金勘定を使わない方法

例題 水道料金¥1,000を現金で支払った。なお、このうち¥300は店主の個人用住宅部分に対するものである。

ⅰ.支払時

通常、水道料金は水道光熱費勘定(費用)で処理しますが、¥300は店主の個人用住宅部分に対するものなので、会社の費用として計上するわけにはいきません。

この¥300はお店のお金を私用に使ったものであり、資本の引き出しとなります。引出金勘定を使わない方法では資本金勘定を直接マイナスします。

借方科目 金額 貸方科目 金額
水道光熱費
資本金
700
300
現金 1,000

ⅱ.決算時

支払時にすでに「資本金」を減額していますので、決算時の処理は必要ありません。

仕訳なし

②引出金勘定を使う方法

ⅰ.支払時

引出金勘定を使う方法では、資本の引き出しの部分を引出金勘定で処理しておきます。引出金勘定は、期中においては資本金を直接減少させずに、決算時にすべてまとめて資本金を減少させるための勘定であり、資本金のマイナスとしての性質を有します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
水道光熱費
引出金
700
300
現金 1,000

ⅱ.決算時

決算時には引出金勘定に計上されている金額を資本金勘定へ振り替えます。つまり、「引出金」の金額だけ「資本金」をマイナスするということになります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
資本金 300 引出金 300

引出金とは?


税金の仕訳方法


例題 固定資産税¥1,000を小切手を振り出して納付した。

固定資産税を納付したときは、租税公課勘定(費用)で処理します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
租税公課 1,000 当座預金 1,000

face01 税金なのに費用?

はい。たしかに固定資産税は税金ですが費用として処理することができます。この他にも収入印紙は印紙税という税金の一種ですが、これも費用として処理することが認められています。

例題 郵便局で切手¥100とハガキ¥200、収入印紙¥500を現金で購入した。

切手やハガキは通信費勘定(費用)で処理します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
通信費
租税公課
300
500
現金 800



ポイントチェック!

スポンサードリンク
1.資本金勘定は純資産(貸方)の項目なので、
資本の元入れにより、資本金が増加すれば貸方に記入する。
資本の引出しにより、資本金が減少すれば借方に記入する。
→この場合、費用として処理すべきものと明確に区別すること!

2.資本の引出しの処理については、資本金を直接減額せずに、引出金勘定を使う方法もある。この場合、決算において引出金勘定の金額だけ資本金勘定の金額を減額する。

3.固定資産税や収入印紙は税金であるが、租税公課勘定(費用)で処理する。


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



簿記関連書籍の売れ筋(amazon)



PAGE TOP ▲