1. TOP
  2. 日商簿記3級無料講座
  3. 第6章-1:簿記一巡の手続と決算整理
日商簿記3級無料講座

第6章-1:簿記一巡の手続と決算整理

簿記一巡の手続とは、大まかにいうと「取引→仕訳→勘定記入→試算表→財務諸表」という一連の流れのことをいいます。この簿記一巡の手続をきちんと理解していないと、勉強の途中で迷子になってしまいますよ?

スポンサードリンク

簿記一巡の手続とは

決算とは、1年間の損益(営業成績)を計算したり、決算時の資産・負債・純資産(財政状態)を確定させたりするための一連の手続きをいいますが、決算の話に入る前にまず簿記一巡の手続きについて説明しておきたいと思います。

簿記一巡の手続きの全体像は以下の図のようになっています。

簿記一巡の手続き

取引が発生すると、まず仕訳帳に仕訳され、それを総勘定元帳の各勘定科目に記入します。これを転記といいます。

そして、その転記の正確性を検証するために試算表というものを作成しますが、これは、期首、決算整理前及び決算整理後に作成されます。

決算整理後に決算振替記入を行なって帳簿を締切り、最後に損益計算書貸借対照表などの財務諸表を作成して簿記一巡の手続は終了します。

各帳簿などの詳しい説明は後でしますので、ここでは簿記一巡の手続きの全体像を把握してください。今自分が上図の中のどこの処理をしているのかということを常に意識できるようになることが大事です。


決算整理事項とは

勘定記入が正しいものでも各勘定残高が必ずしも損益計算書や貸借対照表の作成に必要な数値を示しているとは限りません。そこで、決算にあたって各勘定の残高を正しい数値に修正しなければなりません。これを決算整理といいます。

決算整理事項は多岐にわたりますが、3級で出題されるものとしては次のようなものがあります。

特に①固定資産の減価償却、③売上原価の計算、④貸倒引当金の設定、⑥経過勘定の処理においては、決算整理事項の中でも極めて重要性が高く、日商簿記だけでなくあらゆる簿記の試験において必ずと言っていいほど出題される論点です。

したがって、みなさんが日商簿記3級を受験される時にも必ず出題されますので、しっかりと勉強してください。

【3級で出題される主な決算整理事項】
①固定資産の減価償却 第4章-3:固定資産の購入時の処理と減価償却費の計算等で学習済み
②引出金の処理 第5章-7:資本金と引出金および税金で学習済み
③売上原価の計算 第6章-2:売上原価の計算(仕入勘定で計算する方法)
第6章-3:売上原価の計算(売上原価勘定で計算する方法)
④貸倒引当金の設定 第6章-4:貸倒引当金の設定と貸し倒れ時の処理
⑤消耗品の処理 第6章-5:消耗品の仕訳方法
⑥経過勘定項目の処理 第6章-6:損益の繰延べと再振替仕訳
第6章-7:損益の見越しと再振替仕訳



ポイントチェック!

スポンサードリンク
1.簿記一巡の手続きとは、期首からスタートして、財務諸表を作成するまでの一連の簿記上の流れのことをいう。

※簿記一巡の手続きの全体像を把握し、今自分がどの処理をしているのかということを常に意識できるようにしておくこと!


< 前のページへ 目 次 次のページへ >



簿記関連書籍の売れ筋(amazon)



PAGE TOP ▲