1. TOP
  2. 日商簿記3級無料問題集
  3. 問題1-2:現金過不足の仕訳問題(基本編)
日商簿記3級無料問題集

問題1-2:現金過不足の仕訳問題(基本編)



問題

問題1および問題2に答えなさい。ただし、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。


現金 未収入金 未払金 受取利息
雑益 広告宣伝費 雑損 現金過不足

問題1

次の一連の取引について仕訳を答えなさい。

  1. 現金の帳簿残高と実際有高を照合したところ、実際有高が¥1,200だけ超過していた。
  2. 1.の超過分のうち、¥800は受取利息の記帳漏れであることが判明した。
  3. 残額については、決算になっても原因が判明しなかった。

問題2

次の一連の取引について仕訳を答えなさい。

  1. 現金の帳簿残高と実際有高を照合したところ、実際有高が¥1,400だけ不足していた。
  2. 1.の不足分のうち、¥900は広告宣伝費の支払分であることが判明した。
  3. 残額については、決算になっても原因が判明しなかった。


※解答・解説はこの下にあります。











解答

問1の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 現金 1,200 現金過不足 1,200
2 現金過不足 800 受取利息 800
3 現金過不足 400 雑益 400

問2の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 現金過不足 1,400 現金 1,400
2 広告宣伝費 900 現金過不足 900
3 雑損 500 現金過不足 500


問1の解説

現金過不足の問題では、必ず①過不足が判明したとき、②その原因が判明したとき、③決算においても原因が判明しなかったとき、という3つの段階を意識するようにしてください。

①過不足が判明したとき

過不足が判明したときは、次のように帳簿残高を実際有高に修正する処理を行います。

ⅰ.帳簿上の現金勘定の金額を実際残高と一致するように増減させる。

問1では「帳簿残高<実際残高」なので、現金勘定の金額を増加させます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 1,200

ⅱ.相手科目として「現金過不足」を反対側に記入する。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 1,200 現金過不足 1,200

②原因が判明したとき

原因が判明したときは、次のように現金過不足勘定から該当する適切な科目へ振り替えます。

ⅰ.原因が判明した科目を借方または貸方に記入する。

「受取利息」は収益なので貸方に記入します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
受取利息 800

ⅱ.反対側に「現金過不足」を記入する。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金過不足 800 受取利息 800

③決算においても原因が判明しなかったとき

決算においても原因が判明しなかったものについては、次のように現金過不足の残高を雑益勘定(収益)又は雑損勘定(費用)へ振り替えます。

ⅰ.現金過不足の残高がゼロになるように借方または貸方に記入する。

この時点で現金過不足の残高は、¥400(貸方残高)なので、これをゼロにするために、借方に記入します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金過不足 400

ⅱ.反対側に「雑益」または「雑損」を記入する。

金額が貸方に来る場合は「雑益」(収益)、借方に来る場合は「雑損」(費用)となります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金過不足 400 雑益 400


問2の解説

問2では「帳簿残高>実際残高」なので、現金過不足が借方残高になります。したがって、問1とは貸借が逆になるだけで考え方自体は同じです。

なお本問では、過不足判明時、原因判明時および決算時がすべて異なるケースですが、問題によっては”原因判明時=決算時””過不足判明時=原因判明時=決算時”といった場合もあります。




スポンサーリンク

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

その他

INDEX

 第1章:現金預金の問題
 第2章:商品売買の問題
 第3章:手形取引の問題
 第4章:有価証券および固定資産の問題
 第5章:その他債権債務等の問題
 第6章:決算整理事項の問題
 第7章:帳簿および財務諸表の問題
 第8章:伝票会計の問題
PAGE TOP ▲