1. TOP
  2. 日商簿記3級無料問題集
  3. 問題8-4:推定を含む仕訳日計表の作成問題
日商簿記3級無料問題集

問題8-4:推定を含む仕訳日計表の作成問題



問題

当店(三伝票制を採用)の3月1日における伝票は次のとおりであった。これにもとづいて仕訳日計表を作成し、総勘定元帳および得意先元帳の諸勘定に転記しなさい。なお、当店の得意先は甲商店と乙商店のみである。

【3月1日における伝票】

【仕訳日計表】

【総勘定元帳】

【得意先元帳】




※解答・解説はこの下にあります。











解答

仕訳日計表

総勘定元帳

得意先元帳




解説

本問では金額の一部が空欄になっており、自分で推定する必要があります。このような問題では、伝票と仕訳日計表および総勘定元帳・得意先元帳の相互関係をしっかり理解していなければなりません。

まず、得意先元帳の金額から推定していきます。

得意先元帳の金額の推定

甲商店については、伝票の記入からそのまま導けるので特に問題ないと思います。なお、No.305の伝票の金額は得意先元帳の記入から¥20,000であることがわかります。

次に乙商店です。当店の得意先は甲商店と乙商店のみであるので、両者に対する売掛金の前月繰越合計は総勘定元帳における売掛金勘定の前月繰越と一致します。すなわち、乙商店の前月繰越は¥165,000となります。

甲商店の前月繰越 + 乙商店の前月繰越 = 売掛金勘定の前月繰越
¥355,000 + 乙商店の前月繰越 = ¥520,000
乙商店の前月繰越 = ¥165,000

続いて振替伝票の金額です。貸方に売上が計上されている取引を探すと伝票No.302(¥315,000)とNo.306がそうなので、仕訳日計表における売上の貸方¥470,000は、この2つの合計金額となります。よって、伝票No.306の金額は¥155,000となります。

最後に入金伝票の金額は残高との差額で計算します。


仕訳日計表の作成

金額の推定があっても基本的な解き方は変わりません。まず伝票記入から仕訳を起こして、それらを集計して仕訳日計表を作成します。

・入金伝票

伝票番号 借方科目 金額 貸方科目 金額
No.101
No.102
No.103
No.104
現金 900,000 売掛金(甲商店)
売掛金(乙商店)
受取手形
未収入金
360,000
185,000
120,000
235,000

No.102:得意先元帳(乙商店)より。

・出金伝票

伝票番号 借方科目 金額 貸方科目 金額
No.201
No.202
No.203
No.204
買掛金
支払手形
買掛金
租税公課
270,000
250,000
215,000
55,000
現金 790,000

No.202:仕訳日計表より。

・振替伝票

伝票番号 借方科目 金額 貸方科目 金額
No.301 仕入 240,000 買掛金 240,000
No.302 売掛金(甲商店) 315,000 売上 315,000
No.303 受取手形 200,000 売掛金(甲商店) 200,000
No.304 仕入 220,000 買掛金 220,000
No.305 売上 20,000 売掛金(甲商店) 20,000
No.306 売掛金(乙商店) 155,000 売上 155,000
No.307 買掛金 10,000 仕入 10,000
No.308 未収入金 500,000 有価証券
有価証券売却益
420,000
80,000
No.309 買掛金 320,000 支払手形
受取手形
170,000
150,000

No.305:得意先元帳(甲商店)より。

No.306:上述。

No.308:仕訳日計表の有価証券および有価証券売却益より。

No.309:借方の買掛金は、仕訳日計表¥815,000からNo.201(¥270,000)とNo.203(¥215,000)とNo.307(¥10,000)を差し引いて計算。貸方の支払手形は仕訳日計表より導き、受取手形は差額で計算する。




総勘定元帳および得意先元帳への転記

総勘定元帳へは仕訳日計表から合計金額を転記(合計転記)し、得意先元帳へは各伝票から1つづつ個別転記します。




スポンサーリンク

< 前のページへ 目 次

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

その他

INDEX

 第1章:現金預金の問題
 第2章:商品売買の問題
 第3章:手形取引の問題
 第4章:有価証券および固定資産の問題
 第5章:その他債権債務等の問題
 第6章:決算整理事項の問題
 第7章:帳簿および財務諸表の問題
 第8章:伝票会計の問題
PAGE TOP ▲