1. TOP
  2. 2級商業簿記無料問題集
  3. 問題3-1:手形に関する仕訳問題
2級商業簿記無料問題集

問題3-1:手形に関する仕訳問題



問題

次の各問いに答えなさい。ただし、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。


現金 当座預金 普通預金 受取手形
売掛金 未収入金 営業外受取手形 建物
土地 支払手形 買掛金 未払金
営業外支払手形 受取利息 土地売却益 支払利息
土地売却損

(問1)次の各取引について仕訳を示しなさい。

  1. かつてA社から受け取っていた約束手形¥150,000につき、手形の更改を求められたので、それに応じ、旧手形と新手形を交換した。なお、支払期日延長にともなう利息¥2,000は現金で受け取った。
  2. かつてB社あてに振り出していた約束手形¥300,000が本日満期となったが、資金不足のために、B社に対して手形の更改を申し入れ、同社の承諾を得て、旧手形と交換に1か月後支払の新手形を振り出した。なお、支払期日延長にともなう利息¥5,000は新手形の金額に含めて処理する。

(問2)次の各取引について仕訳を示しなさい。

  1. 建物¥3,000,000を購入し、代金のうち¥1,000,000は小切手を振り出して支払い、残額は約束手形を振り出して支払った。
  2. 土地(帳簿価額¥2,000,000)を¥3,500,000で売却し、売却代金の60%は普通預金口座に振り込まれ、残額は6か月後を支払期日とする手形で受け取った。


※解答・解説はこの下にあります。











解答

問1の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 受取手形
現金
150,000
2,000
受取手形
受取利息
150,000
2,000
2 支払手形
支払利息
300,000
5,000
支払手形 305,000

問2の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 建物 3,000,000 当座預金
営業外支払手形
1,000,000
2,000,000
2 普通預金
営業外受取手形
2,100,000
1,400,000
土地
土地売却益
2,000,000
1,500,000


解説

問1

手形の支払人が、満期日において資金不足のため、支払期日の延長を目的として従来の手形を書き替えることを手形の更改といいます。

手形の更改にあたっては、旧手形と新手形を交換し、支払期日延長にともなう利息を受取ります(支払います)。

このとき、借方の「受取手形」(または「支払手形」)と貸方の「受取手形」(または「支払手形」)は相殺せずに、両建表示するようにしてください。

また、利息の処理方法としては、現金などで受け取る(支払う)方法と新手形の額面に含める方法があります。

問2

「支払手形」や「受取手形」という勘定科目は、商品を売買したときにしか用いることはできません。商品以外のものを売買したときに手形を振り出した場合には、「営業外受取手形」(資産)または「営業外支払手形」(負債)を用いて処理します。

売買したもの 使用する勘定科目
商品 「受取手形」「支払手形」
商品以外のもの 「営業外受取手形」「営業外支払手形」



・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 1.銀行勘定調整表の問題
 2.商品売買の問題
 3.手形その他債権債務の問題
 4.有価証券の問題
 5.固定資産の問題
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲