1. TOP
  2. 2級商業簿記無料問題集
  3. 問題3-2:手形の更改等の仕訳問題
2級商業簿記無料問題集

問題3-2:手形の更改等の仕訳問題



問題

次の各問いに答えなさい。

(問1)次の取引について、当社およびA社両方の仕訳を示しなさい。

かねてA社あてに振り出していた約束手形¥300,000が本日満期となったが、資金不足のために、A社に対して手形の更改を申し入れ、同社の承諾を得て、旧手形と交換に1か月後支払の新手形を振り出した。なお、支払期日延長にともなう利息¥5,000は現金で支払った。


(問2)次の一連の取引について仕訳を示しなさい。

  1. 当社は、A社の債務¥700,000及びB社の債務¥300,000について保証人となった。
  2. A社は、当社が保証人になっていた債務¥700,000を無事返済した。
  3. 当社が保証人になっていた債務¥300,000についてB社が返済できなくなったため、当社が代わって現金で返済した。


※解答・解説はこの下にあります。











解答

問1の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
当社 支払手形
支払利息
300,000
5,000
支払手形
現金
300,000
5,000
A社 受取手形
現金
300,000
5,000
受取手形
受取利息
300,000
5,000

問2の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 保証債務見返 1,000,000 保証債務 1,000,000
2 保証債務 700,000 保証債務見返 700,000
3 未収入金(※)
保証債務
300,000
300,000
現金
保証債務見返
300,000
300,000

(※)「貸付金」や「立替金」でも可。



解説

問1

手形の支払人が、満期日において資金不足のため、支払期日の延長を目的として従来の手形を書き替えることを手形の更改といいます。

手形の更改にあたって、旧手形と新手形を交換し、支払期日延長にともなう利息を支払います。

なお帳簿上、手形の更改が行われたことを示すために、借方の「支払手形」(「受取手形」)と貸方の「支払手形」(「受取手形」)は相殺していはいけません。

問2

債務の保証に伴う偶発債務については、「保証債務」(貸方)および「保証債務見返」(借方)という対照勘定を使って処理します。

そして、主たる債務者が無事債務を返済した場合には、偶発債務が消滅するので対照勘定を消去します。具体的には、1.で行なった仕訳の貸借逆の仕訳をすればいいだけです。

一方、主たる債務者が返済不能になった場合には、当社が代わって債務を返済しなければなりません。この金額はのちに、主たる債務者に対して請求することができるので、その債権を「未収入金」などで処理します。

また同時に、偶発債務の消滅に伴って、1.で計上していた対照勘定を消去します。




・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第1章:銀行勘定調整表の問題
 第2章:商品売買の問題
 第3章:手形取引の問題
 第4章:有価証券の問題
 第5章:固定資産の問題
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲