1. TOP
  2. 2級商業簿記無料問題集
  3. 問題3-3:不渡手形の仕訳問題
2級商業簿記無料問題集

問題3-3:不渡手形の仕訳問題



問題

次の一連の取引について仕訳を示しなさい。

  1. 当社が保有しているA社振出しの約束手形¥300,000が不渡りとなり、A社に対して償還請求を行なった。なお、このための償還請求費用¥10,000を現金で支払った。
  2. 上記1.のA社が倒産し、同社に対する上記の手形(前期発生分)が回収不能となった。なお、貸倒引当金の残高は¥250,000である。
  3. 以前、C社に裏書譲渡していたD社振出しの約束手形¥600,000が不渡りとなったので、償還請求費用と延滞利息¥20,000とともに小切手を振り出して支払った。
  4. 上記3.の不渡手形の代金が期限後利息の¥15,000とともに当座預金に振り込まれた。
  5. E社から売掛金の決済のために受け取り、すでに甲銀行で割引に付していた同店振出し、当店宛の約束手形¥450,000が満期日に支払拒絶されたため、同銀行より償還請求を受け、小切手を振り出して決済した。また、満期日後の延滞利息¥8,000は現金で支払い、手形金額とともにE社に対して支払請求した。
  6. 上記5.の不渡手形の代金と利息¥10,000の遡求を行い、手形代金の半額と利息を現金で回収したが、残額は貸し倒れとなった。なお、貸倒引当金の残高は¥160,000である。


※解答・解説はこの下にあります。











解答

答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 不渡手形 310,000 受取手形
現金
300,000
10,000
2 貸倒引当金
貸倒損失
250,000
60,000
不渡手形 310,000
3 不渡手形 620,000 当座預金 620,000
4 当座預金 635,000 不渡手形
受取利息
620,000
15,000
5 不渡手形 458,000 当座預金
現金
450,000
8,000
6 現金
貸倒引当金
貸倒損失
239,000
160,000
69,000
不渡手形
受取利息
458,000
10,000


解説

手形の所持人が満期日に支払い請求したにもかかわらず、支払人が支払いを拒絶して手形代金を受け取ることができなくなることを手形の不渡りといい、当該手形を不渡手形といいます。

この場合、手形の所持人は振出人(または裏書人)に対して、手形代金のほか、法定利息や償還請求に要した費用を請求することができます。

1.の仕訳の解説

所持している手形が不渡りとなった場合は受取手形から不渡手形に振り替えます。なお、「不渡手形」の金額には償還請求費用を含めるということに注意してください。

2.の仕訳の解説

不渡手形が回収不能となった場合には貸倒れとして処理します。処理の方法は3級で学習した売上債権(売掛金など)の貸倒れの処理と同じです。

3.の仕訳の解説

裏書をした手形が不渡りとなった場合には、当該手形を裏書譲渡した当社に支払義務が発生します。手形の所持人から償還請求を受けた場合には、まず請求金額を支払い、その後に手形の振出人に償還請求することになります。C社に支払った金額は後にD社に対して請求できるため、支払った金額を「不渡手形」で処理しておきます。

裏書譲渡した手形が不渡りとなった場合

4.の仕訳の解説

不渡手形を無事回収した場合は「不渡手形」を減少させるとともに、期限後利息を「受取利息」として処理します。

5.の仕訳の解説

割引に付していた手形が不渡りとなった場合は、手形を割り引いた銀行から割引した手形を買い戻さなけらばなりませんが、その際に支払った金額は「不渡手形」で処理します。

割引したを手形が不渡りとなった場合

6.の仕訳の解説

回収不能となった部分については貸倒れとして処理します。なお、現金受取額は¥239,000(=¥458,000×1/2+¥10,000)となります。




・スポンサーリンク

・関連記事

< 前のページへ 目 次 次のページへ >

メインコンテンツ

犬でもわかる!無料簿記講座のトップページ
中二でもわかる!簿記超入門
日商簿記3級無料講座
日商簿記3級無料問題集
2級商業簿記無料講座
2級工業簿記無料講座
2級商業簿記無料問題集
無料簿記ゲーム

情報コンテンツ

INDEX

 第1章:銀行勘定調整表の問題
 第2章:商品売買の問題
 第3章:手形取引の問題
 第4章:有価証券の問題
 第5章:固定資産の問題
【連絡先】
te_njm-boki-yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、
「-boki-」の部分を「@」に変換してください。
PAGE TOP ▲