1. TOP
  2. 中二でもわかる!簿記超入門
  3. その12:損益計算書・貸借対照表とは?①
中二でもわかる!簿記超入門

その12:損益計算書・貸借対照表とは?①



財務諸表の2トップ

ボキタローの顔1 いよいよ最終段階!財務諸表の作成だね。

はい。「その1:簿記とは?」でお話ししたように、財務諸表は主に会社の状況を利害関係者に報告するために作成されますが、ここでは財務諸表の中でも中核をなす損益計算書と貸借対照表について説明します。

※損益計算書と貸借対照表には「報告式」(主に2級以上で出題)と「勘定式」(主に3級で出題)という2つの表示形式があります。「報告式」は少し難しいので、ここでは「勘定式」を前提に説明していきます。


損益計算書(P/L)ってなに?

損益計算書の意味と記入方法

まず損益計算書(そんえきけいさんしょ)とは、「会社がその活動によって、いくら儲かったのか?あるいはいくら損をしたのか?」を示した表のことをいい、会社の経営成績を表します。損益計算書は、英語で「Profit and Loss Statement(プロフィット・アンド・ロス・ステートメント)」というので、略して「P/L(ピーエル)」と言ったりします。

会社の利益(もうけ)は「収益-費用」で計算されるので、損益計算書には収益に属する勘定科目費用に属する勘定科目が表示されます。なお、「収益-費用」がマイナスとなる場合(「費用>収益」のケース)では損失が発生します。

なお、記入方法については、勘定口座において借方に残高が生じる費用は借方に、貸方に残高が生じる収益は貸方に記入すればいいだけです。

損益計算書の概略

収益と費用の概念

例えば、皆さんが日払いのアルバイトをして日給で¥5,000もらったとします。それは今日1日分のアルバイト代であって、昨日の分でも明日の分でもありません。

つまり、収益と費用は「〇月〇日~〇月〇日までの一定期間でいくら発生したのか」というものなのであり、フローの概念であるといえます。基本的には当期で完結するものなので、次期へ繰り越したりはしません。

収益と費用の概念

貸借対照表(B/S)ってなに?

貸借対照表の意味と記入方法

貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)とは、「会社にどれくらいの財産があるのか?」という、会社の財政状態を示した表のことを言います。貸借対照表は、英語で「Balance Sheet(バランス・シート)」というので、略して「B/S(ビーエス)」と言ったりします。

貸借対照表は会社の財政状態を表すので、資産、負債および純資産に属する勘定科目が表示されることになります。

記入方法については、勘定口座において借方に残高が生じる資産は借方に、貸方に残高が生じる負債および純資産は貸方に記入すればいいだけです。

なお、貸借対照表では借方の合計金額と貸方の合計金額が一致する(バランスする)という大きな特徴があります。

貸借対照表の概略

資産、負債および純資産の概念

例えば、夜寝る前の時点で財布の中に¥5,000入っているとします。盗まれでもしない限り、それが次の日になくなっているということはありません。皆さんの財産は次の日へ繰り越されるのです。

このように、資産、負債および純資産(資本)は「〇月〇日の一定時点でいくらあるのか」というものであり、ストックの概念であるといえます。したがって、これらの各項目の残高は次期へ繰り越されることになります。

資産、負債および純資産の概念



スポンサーリンク

< 前のページへ 目 次 次のページへ >
PAGE TOP ▲