犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

【直接配賦法とは?】問題とその解き方を分かりやすく解説

重要度★★★★☆ 2級工業簿記無料講座第4章-4のアイキャッチ画像

直接配賦法とは補助部門費を製造部門のみに配賦する方法です。今回は簡単な問題を使って直接配賦法の計算方法を説明していきます。

1.直接配賦法による補助部門費の配賦問題

当工場では、2つの製造部門(切削部門・組立部門)と2つの補助部門(動力部門・修繕部門)により原価部門が構成されている。次の資料に基づいて、【資料5】で示す原価計算表を完成させなさい。

【資料】

1.当期における部門費(部門個別費+部門共通費配賦額)は次のとおりであった。

当期における部門費

2.補助部門費の配賦に用いる配賦基準の値

補助部門費の配賦に用いる配賦基準の値

3.各製造指図書へは、切削部門は機械作業時間、組立部門は直接作業時間を基準として配賦する。

製造指図書への配賦基準の値

4.当工場では、補助部門費の配賦方法として直接配賦法を採用している。

5.原価計算表(単位:円)

原価計算表

2.補助部門費の配賦

動力部門費の配賦

動力部門費は動力消費量、修繕部門費は修繕時間に基づいて各補助部門費を配賦していきますが、直接配賦法では補助部門費を製造部門のみに配賦します。

したがって、配賦率の計算において考慮すべきなのはすべての配賦基準値の合計ではなく、製造部門のみの配賦基準値の合計であるということに注意してください。

つまり、修繕部門の40,000kwhは計算に入れません。

動力部門費の配賦率

動力部門費÷製造部門における動力消費量合計
=¥128,000÷(80,000kwh+80,000kwh)
=@¥0.8

このように算定された配賦率は、動力消費量1kwhあたり@¥0.8を製造部門へ配賦するということなので、あとはこれに各製造部門の動力消費量を掛ければいいだけです。

動力部門費の配賦額

切削部門への配賦額 @¥0.8×80,000kwh=¥64,000
組立部門への配賦額 @¥0.8×80,000kwh=¥64,000

修繕部門費の配賦

修繕部門費についても同じように考えていきます。

修繕部門費の配賦率

修繕部門費÷製造部門における修繕時間合計
=¥160,000÷(180時間+140時間)
=@¥500

これは、修繕時間1時間あたり@¥500を製造部門へ配賦するということなので、あとはこれに各製造部門の修繕時間を掛けていけばいいだけです。

修繕部門費の配賦額

切削部門への配賦額 @¥500×180時間=¥90,000
組立部門への配賦額 @¥500×140時間=¥70,000

勘定連絡図のイメージ

補助部門費の配賦

3.製造指図書への配賦

部門別計算の最終段階として、補助部門費配賦後の製造部門費を各製造指図書(仕掛品)へ配賦します。例題では問題の指示(【資料3】)により、切削部門は機械作業時間、組立部門は直接作業時間を基準として配賦します。

部門別計算の流れを忘れた人は復習しておいてください。


切削部門費の配賦

切削部門費の配賦率

切削部門費÷機械作業時間合計
=¥1,104,000÷600時間
=@¥1,840

切削部門費の配賦額

切削部門費の配賦額は、切削部門費の配賦率に#100および#200それぞれの機械作業時間を掛けて計算します。

#100への配賦額 @¥1,840×350時間=¥644,000
#200への配賦額 @¥1,840×250時間=¥460,000

組立部門費の配賦

組立部門費の配賦率

組立部門費÷直接作業時間合計
=¥934,000÷1,000時間
=@¥934

組立部門費の配賦額

組立部門費の配賦額は、組立部門費の配賦率に#100および#200それぞれの直接作業時間を掛けて計算します。

#100への配賦額 @¥934×400時間=¥373,600
#200への配賦額 @¥934×600時間=¥560,400

4.例題の答え

以上より、例題の答え(【資料5】の原価計算表)は次のようになります。

原価計算表

勘定連絡図のイメージ

製造部門費の配賦
コンテンツ

スポンサードリンク