試験範囲の改定事項(2021年度)はコチラ

【消費税】税込方式による仕訳のやり方

【消費税】税込方式による仕訳のやり方

消費税の会計処理方法として「税抜方式」と「税込方式」があります。このうち「税抜方式」はすでに3級で学習したので、2級では「税込方式」を新たに学びます。

ボキタロー

消費税の仕組みや税抜方式は理解しているとの前提で話を進めていきますので、忘れた人は復習しておいてくださいね。
【消費税】税抜方式による仕訳のやり方【消費税】税抜方式による仕訳のやり方

消費税を支払ったとき(仕入時)の仕訳

税込方式とは?

税込方式とは、商品の仕入や売上等に係る消費税額を仕入勘定や売上勘定等の金額に含めて処理する方法です

例題1
商品¥880,000(うち消費税額¥80,000)を掛けで仕入れた。

税込方式では仕入代金に係る消費税額を費用に含めます

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 880,000 買掛金 880,000

消費税を受け取ったとき(販売時)の仕訳

例題2
上記の商品を¥1,100,000(うち消費税額¥100,000)で売り上げ、代金は現金で受け取った。

税込方式では売上代金に係る消費税額を収益に含めます

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 1,100,000 売上 1,100,000

決算整理仕訳

例題3
決算にあたり当期における消費税の納付額を計算したところ、¥20,000であることが判明した。

後で納付すべき消費税額を未払消費税勘定で処理するという点は税抜方式と同じですが、税込方式の場合は、これに相当する金額を租税公課勘定を用いて費用(販売費及び一般管理費)に計上します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
租税公課 20,000 未払消費税 20,000
MEMO
消費税を納付した時の処理は税抜方式の場合と全く同じなので省略します。

なお還付を受ける場合には、未収還付消費税勘定および雑益勘定(営業外収益)を用いて処理します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
未収還付消費税 ××× 雑益 ×××