犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

【現金過不足とは】期中の仕訳から決算時の処理まで

現金過不足とは現金の帳簿上の金額と実際の金額との差額をいいます。今回は現金過不足に関する仕訳のやり方から決算時の処理までを独学者にもわかりやすく解説していきます。

重要度★★★☆☆ 日商簿記3級無料講座第1章-2のアイキャッチ画像

盗難や記帳ミスなど、何らかの理由で金庫の中にある現金と帳簿上の現金勘定の金額が一致しない場合があります。

ボキタロー君の顔(普)

まぁ、そんなこともあるだろうね。

このような場合、帳簿上の現金の金額を実際の金額に修正することが必要となります。

ボキタロー君の顔(普)

修正?どうやるの?ってそれが今回の内容か。

はい。今回は現金過不足のお話です。時系列で処理を考えるのがポイントです。

1.現金過不足とは?

現金過不足とは

何らかの理由で実際の現金残高と帳簿(現金出納帳)における現金勘定の残高が一致しない場合、この両者の差額を現金過不足(げんきんかぶそく)といいます。

現金過不足が存在する場合、帳簿上の金額を実際の金額に調整することが必要となります。

帳簿の金額を実際に合わせるというのがポイントです。実際のお金を勝手に動かすことはできませんからね。

現金過不足の処理は次のように3段階に分けて時系列的に考えていきます。

現金過不足の処理1(過不足判明時)

1過不足判明時

現金過不足が判明したときは、帳簿の金額を実際の金額に合わすための仕訳を行います。

 
現金過不足の処理2(原因判明時)

2原因判明時

過不足の原因が判明したときは、現金過不足の金額を適切な科目へ振り替えます。

 
現金過不足の処理3(決算時)

3決算時

決算まで原因が判明しなかったときは、現金過不足の金額を雑損または雑益へ振り替えます。

 

それでは以上3段階の仕訳のやり方を順番に見ていきましょう。

2.過不足が判明したときの処理

現金が不足しているケース

例題1

金庫の現金を調べたところ実際の残高が¥1,000であるのに対して帳簿残高は¥1,300であった。

現金の過不足が判明したときは、帳簿の金額を実際の金額に合わすための仕訳を行います。このとき、帳簿残高と実際残高の差額は現金過不足勘定で処理します。

ヒント

まず①帳簿上の現金勘定の金額を増減させて実際残高に合わせます。次に②その相手科目として「現金過不足」を反対側に記入します。

使用する勘定科目

現金、現金過不足

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金過不足 300 現金 300

借方】
現金過不足勘定は資産でも負債でもありません。一時的に用いられるだけの仮の勘定です。

【貸方
「現金」の減少 現金勘定の記入場所

この仕訳は次のように考えると分かりやすいと思います。

①現金勘定を修正
(借)
(貸)
現金
300

まず、帳簿上の現金勘定(¥1,300)を¥300減少させて実際の金額(¥1,000)に合わせます。

②現金過不足を記入
(借)
現金過不足
300
(貸)
現金
300

次に、貸方の現金勘定の相手科目として「現金過不足」を借方に記入します。

仕訳
(借)
現金過不足
300
(貸)
現金
300

現金の帳簿残高は実際残高の¥1,000(=¥1,300-¥300)に修正されるとともに、現金過不足勘定の借方には現金の不足額が記入されます。

勘定記入のイメージ 現金過不足の勘定記入のイメージ1

例題1の仕訳は現金の不足分を現金過不足勘定の借方に振り替えたということを意味しています。

「振り替える」とは、ある勘定科目から別の勘定科目へ金額を”移し替える”という意味です。これから何度も出てくる重要な用語です。

現金が過剰なケース

例題1は現金が不足しているケースですが、現金が過剰な場合は借方と貸方が逆になるだけで考え方は同じです。

(例)実際残高¥1,300>帳簿残高¥1,000

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 300 現金過不足 300

借方】
①まず、帳簿上の現金勘定を増加させるために借方に「現金」を記入します。

【貸方
②次に、その相手科目として「現金過不足」を反対側に記入します。

勘定記入のイメージ 現金過不足の勘定記入のイメージ2

上の仕訳によって、帳簿上の現金勘定は実際残高の¥1,300(=¥1,000+¥300)に調整されるとともに、現金過不足勘定の貸方には現金の過剰額が記入されます。

3.過不足の原因が判明したときの処理

例題2

例題1の現金過不足¥300(借方残高)の原因を調べところ、そのうち¥200は水道光熱費であることが判明した。

原因が判明した場合は現金過不足勘定から適切な科目へ振り替えます。

ヒント

仕訳のやり方のコツとして、まず①原因が判明した科目に金額を記入し、次に②その反対側に「現金過不足」を記入します。

使用する勘定科目

水道光熱費、現金過不足

水道光熱費は費用なので増加すると借方に記入します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
水道光熱費 200 現金過不足 200

借方】
「水道光熱費」の増加 水道光熱費勘定の記入場所

【貸方
水道光熱費へ振り替えた分だけ、借方にあった現金過不足勘定が減少します。

この仕訳は次のように考えると分かりやすいと思います。

①科目を記入
(借)
水道光熱費
200
(貸)

まず、原因が判明した科目(水道光熱費)に金額を記入します。

②現金過不足を記入
(借)
水道光熱費
200
(貸)
現金過不足
200

次に、借方の水道光熱費勘定の相手科目として「現金過不足」を貸方に記入します。

仕訳
(借)
水道光熱費
200
(貸)
現金過不足
200

原因が判明した¥200を適切な勘定科目(水道光熱費)へ振り替えました。

勘定記入のイメージ 現金過不足の勘定記入のイメージ3

借方にある現金過不足¥300のうち原因が判明した¥200を水道光熱費に振り替えましたが、まだ¥100の残高が残っています。

4.決算まで原因が判明しなかったときの処理

例題3

例題1の現金過不足のうち¥100については決算になっても原因が判明しなかった。

まだ現金過不足勘定の借方に¥100残っていますが、これに関してはついに原因が判明しなかったので雑損(ざっそん)勘定(費用)に振り替えます。

使用する勘定科目

雑損、現金過不足

借方科目 金額 貸方科目 金額
雑損 100 現金過不足 100

借方】
「雑損」の増加 雑損勘定の記入場所

【貸方
決算において現金過不足勘定に残高が残っている場合、そのすべてを雑損勘定(借方)または雑益勘定(貸方)へ振り替えます。

勘定記入のイメージ 現金過不足の仕訳4

現金過不足勘定の金額はすべて他の勘定へ振り替えられることによって、最終的にはゼロになって消えます。

なお、例題のケースとは逆に現金の実際有高が帳簿残高よりも過剰だった場合(現金過不足勘定が貸方残高の場合)には、現金過不足勘定の残高を雑益(ざつえき)勘定(収益)に振り替えることになります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金過不足 ××× 雑益 ×××

5.まとめ

ボキタロー君の顔(普)

ところで「現金過不足」って資産なの?それとも負債?

どちらでもありません。現金過不足勘定は現金の不足額(または過剰額)を原因判明時もしくは決算時までメモしておくために一時的に用いられるだけの仮の勘定です。

ボキタロー君の顔(普)

仮の勘定?

はい。現金過不足勘定の金額はすべて他の勘定へ振り替えられるため、最終的にはゼロになります。したがって、現金過不足勘定が貸借対照表に載ることはありません。

ボキタロー君の顔(普)

へぇー。そんな勘定科目もあるんだね。

まとめ
  • 何らかの理由で現金の実際有高と帳簿残高が一致しない場合、この両者の差額を現金過不足という。
  • 現金過不足の処理は「1.過不足判明時」「2.原因判明時」「3.決算時」の3段階で考える。
  • 「1.過不足判明時」の仕訳では、帳簿の金額を実際の金額に合わせる。
  • 「2.原因判明時」の仕訳では、原因が判明した金額を適切な科目へ振り替える。
  • 「3.決算時」の仕訳では、原因が判明した金額を雑損(借方)または雑益(貸方)へ振り替える。