犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

【未払費用・未収収益とは?】費用の未払いと収益の未収

費用の未払い(収益の未収)があったときは、その金額を当期に見越計上します。今回は未払費用と未収収益に関する仕訳のやり方について独学でもわかりやすく解説していきます。

重要度★★★★★ 日商簿記3級無料講座第6章-6のアイキャッチ画像

今回は前回と逆のお話です。

ボキタロー君の顔(普)

逆?どういうこと?

前回は、当期に支払った費用(受け取った収益)のうち、当期に属さない部分を次期へ繰り延べる処理を勉強しました。

ボキタロー君の顔(普)

うん。たしか前払費用と前受収益だったよね。

はい。今回はその逆で、いまだ支払っていない費用(受け取っていない収益)のうち、当期に属する部分を見越して計上する処理を勉強します。

1.【費用の未払い】一連の処理方法

まずは支払家賃を例にとって、費用の未払いに関する一連の処理方法を説明していきます。

店舗を賃借した時の仕訳

例題1

×2年3月1日に営業のための店舗を賃借した。1年分の家賃¥1,200,000はすべて×3年2月28日に後払いする契約である。なお、当期は3月31日に終了する1年間である。

店舗を借りただけでは簿記上の取引とはなりませんので仕訳は必要ありません。

「簿記上の取引ってなに?」と思った方はこちら。


決算整理仕訳

例題2

×2年3月31日、決算となり必要な処理を行う。

この決算整理仕訳は次のようになります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
支払家賃 100,000 未払家賃 100,000

借方】
「支払家賃」の増加 支払家賃勘定の記入場所

【貸方
「未払家賃」の増加 未払家賃勘定の記入場所

それではこの仕訳の意味を順番に説明していきます。

1年分の家賃はすべて次期(×3年2月28日)に後払いするので、当期の支払額はゼロです。しかし、当期においてこの店舗を1か月間(×2年3月1日~×2年3月31日)利用しているわけですから、この1か月分の家賃を月割で当期の費用として計上しなければなりません。そこで決算において、当期に属する費用を見越して計上するための処理を行います。

費用の見越しのイメージ

当期(×1年度)の支払額はゼロですが、当期に属する1か月分の支払家賃を見越して計上します。

この見越計上した費用(当期に属する支払家賃)は未払家賃勘定を使って処理します。未払家賃勘定は費用の後払いなので負債となります。

未払費用の記入場所

未払費用負債(貸借対照表の貸方項目)なので、増加すれば貸方、減少すれば借方に記入します。

仕訳上は「未払家賃」「未払利息」などの具体的な名称を使いますが、貸借対照表に表示する場合は、すべてまとめて「未払費用」とします。

支払家賃と未払家賃

1か月分の家賃は¥100,000なので、当期の支払家賃は1か月分の¥100,000となり、これを未払家賃勘定を使って見越計上します。

決算整理仕訳のイメージ

決算整理仕訳によって、次期に属する費用と当期に属する費用とが適切に期間配分されます。

翌期首の再振替仕訳

翌期首(×2年4月1日)には再振替仕訳を行います。

例題3

×2年4月1日、翌期首において再振替仕訳を行う。

ヒント

再振替仕訳は前期末に行った決算整理仕訳の逆仕訳をすればいいだけです。

忘れた方はもう一度復習してください。


使用する勘定科目

支払家賃、未払家賃

借方科目 金額 貸方科目 金額
未払家賃 100,000 支払家賃 100,000

「未払家賃」の残高¥100,000を「支払家賃」へ振り替えることにより、未払家賃勘定の残高はゼロとなって消えます。

×1年度において、すでに「支払家賃」の1か月分を見越計上しているので、これを×2年度の費用から除去するということを意味しています。

費用である支払家賃勘定が貸方残高になりますが、これは家賃の支払日までの一時的なものなので問題ありません。

家賃の支払いの仕訳

例題4

×3年2月28日に家賃の支払日となり、1年分の家賃¥1,200,000を普通預金口座から振り替えて支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
支払家賃 1,200,000 普通預金 1,200,000

家賃の支払額は1年分の¥1,200,000ですが、期首の再振替仕訳によって支払家賃勘定の貸方に1か月分の¥100,000がすでに計上されているので、支払家賃勘定の金額は¥1,100,000となります。

未払費用のイメージ

家賃の支払額が×1年度の¥100,000(1か月分)と×2年度の¥1,100,000(11か月分)とに期間配分されたことになるわけです。

2.【収益の未収】一連の処理方法

続いて収益の未収について説明していきますが、基本的な考え方は費用の未払いと同じなので、さらっと見ていくことにします。費用の未払いの一連の処理方法をしっかりと理解してから続きを読んでください。

例題5

×1年7月1日に¥1,000,000(返済日:×2年6月30日)を現金で貸し付けた。この貸付金に係る利息¥36,000はすべて、返済日に元本とともに受け取る契約である。なお、当期は3月31日に終了する1年間である。

貸付時の仕訳(×1年7月1日)

ヒント

現金を貸し付けた場合は貸付金勘定(資産)で処理をします。

使用する勘定科目

現金、貸付金

借方科目 金額 貸方科目 金額
貸付金 1,000,000 現金 1,000,000

借方】
「貸付金」の増加 貸付金勘定の記入場所

【貸方
「現金」の減少 現金勘定の記入場所

決算整理仕訳(×2年3月31日)

次期に受け取る利息のうち、当期に属する部分を未収利息勘定を使って見越計上します。未収利息勘定は収益の未収なので資産となります。

未収収益の記入場所

未収収益資産(貸借対照表の借方項目)なので、増加すれば借方、減少すれば貸方に記入します。

仕訳上は「未収利息」「未収家賃」などの具体的な名称を使いますが、貸借対照表に表示する場合は、すべてまとめて「未収収益」とします。

未収収益のイメージ

見越計上する金額は当期に属する9か月分(×1年7月1日~×2年3月31日)なので、未収利息の金額は次のように計算します。

¥36,000÷12か月×9か月=¥27,000

使用する勘定科目

未収利息、受取利息

借方科目 金額 貸方科目 金額
未収利息 27,000 受取利息 27,000

借方】
「未収利息」の増加 未収利息勘定の記入場所

【貸方
「受取利息」の増加 受取利息勘定の記入場所

再振替仕訳(×2年4月1日)

翌期首には再振替仕訳をします。前期末に行った決算整理仕訳の貸借逆の仕訳です。

借方科目 金額 貸方科目 金額
受取利息 27,000 未収利息 27,000

返済日・利息の受け取り日の仕訳(×2年6月30日)

元本(貸付金¥1,000,000)と利息(受取利息¥36,000)はすべて現金で受け取ったと仮定して仕訳を考えてみてください。

使用する勘定科目

現金、貸付金、受取利息

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 1,036,000 貸付金 1,000,000
受取利息 36,000
未収収益のイメージ

利息の受取額が×1年度の¥27,000(9か月分)と×2年度の¥9,000(3か月分)とに期間配分されたことになります。

3.まとめ

ボキタロー君の顔(普)

前回と今回の内容、むずいなぁ。

確かに、前回の「前払費用・前受収益」、そして今回の「未払費用・未収収益」は簿記特有の考え方によるものなので、初心者にとっては難しいかもしれません。ちなみに、この4つの項目を経過勘定項目といいます。

ボキタロー君の顔(普)

日商簿記3級の内容の中で大きな山って感じだよね。

何度もこのサイトで言っているように、暗記ではなく仕訳の意味をきちんと理解することが経過勘定項目、ひいては簿記をマスターする近道です。

ボキタロー君の顔(普)

そっか。じゃあ、もう一度前回と今回のページを読んできます。

はい。経過勘定項目は難しいかもしれませんが、簿記の試験では必ず出題される超重要論点です。しっかりと理解してから次に進むようにしてください。

まとめ
  • 決算において、次期に支払う費用のうち、当期に属する部分を見越計上する処理を行う。
  • 費用を見越計上する場合は未払費用(負債)の勘定を使って処理する。
  • 決算において、次期に受け取る収益のうち、当期に属する部分を見越計上する処理を行う。
  • 収益を見越計上する場合は未収収益(資産)の勘定を使って処理する。
  • 翌期首には再振替仕訳を行うということを忘れずに。
コンテンツ

スポンサードリンク