犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

【3伝票制とは?】入金伝票・出金伝票・振替伝票の書き方

3伝票制とは入金伝票、出金伝票、振替伝票の3つを用いる方法をいいます。今回は伝票の基礎知識やその書き方などについて独学でもわかりやすく解説していきます。

重要度★★★☆☆ 日商簿記3級無料講座第8章-1のアイキャッチ画像
ボキタロー君の顔(普)

おかげさまで僕の会社も取引の数が増えてきたんだけど、仕訳帳が1冊だと1人しか記帳作業ができないから大変なの。

そのような場合は伝票を使うことをおすすめします。

ボキタロー君の顔(普)

伝票?

伝票は取引を認識した人が、他の人たちにもそのことを伝えるために作成されるものです。

ボキタロー君の顔(普)

もしかして、取引内容を”伝”える”票(紙片)”だから伝票?

そういうことです。今回はそんな伝票にまつわるお話です。特に一部現金取引の記入方法に注意しましょう。

1.3伝票制とは?

伝票とは

伝票(でんぴょう)とは、取引を最初に認識した各部署の担当者や経理担当者が取引内容を記入して、各関係者に正しく伝達することを目的に作成されるものです。

起票(伝票に記入すること)の方法として、1伝票制・3伝票制・5伝票制といった方法がありますが、日商簿記試験では実務において最も多く採用されているという理由から3伝票制が出題されます。

3伝票制とは

入金伝票出金伝票振替(ふりかえ)伝票の3つを用いる方法を3伝票制といいます。

3伝票の説明
  • 入金伝票:入金取引(借方が現金勘定の取引)を記入する伝票。
  • 出金伝票:出金取引(貸方が現金勘定の取引)を記入する伝票。
  • 振替伝票:振替取引(現金と関係のない取引)を記入する伝票。
3伝票制のイメージ

取引が発生すると入金取引は入金伝票へ、出金取引は出金伝票へ、それら以外の取引は振替伝票へ各担当者が記入します。そして、経理担当者が各伝票から総勘定元帳へ転記します。

伝票を用いた会計制度(伝票式会計)では、各担当者がそれぞれ伝票に仕訳を記入していくので、結果的に仕訳帳の記帳作業を分担できるようになるわけです。

2.3伝票制による伝票の記入方法

それでは実際に例題を使って、3伝票制による伝票の記入方法を見ていきましょう。

入金伝票の記入方法

取引例

商品¥3,000を現金で売り上げた。

仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 3,000 売上 3,000

入金伝票の記入例

入金伝票の記入例

入金取引は入金伝票に記入します。入金伝票では借方に現金勘定が固定されているので、貸方の相手科目と金額だけを記入します。

出金伝票の記入方法

取引例

買掛金¥1,500を現金で支払った。

仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 1,500 現金 1,500

出金伝票の記入例

出金伝票の記入例

出金取引は出金伝票に記入します。出金伝票では貸方に現金勘定が固定されているので、借方の相手科目と金額だけを記入します。

振替伝票の記入方法

取引例

商品¥2,000を掛けで売り上げた。

仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金 2,000 売上 2,000

振替伝票の記入例

振替伝票の記入例

振替取引は振替伝票に記入します。振替伝票には仕訳全体をそのまま記入します。

3.一部現金取引の記入方法

一部だけに現金収支を伴うような取引(一部現金取引)の場合、伝票への記入方法として2つの方法があります。

取引例

商品¥1,000を売り上げ、¥200は現金で受け取り、残額は掛けとした。

本来の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 200 売上 1,000
売掛金 800

方法1:取引を分解する方法

この方法では、上の取引を①現金売上と②掛売上という2つの取引に分解して伝票へ記入します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
①現金売上 現金 200 売上 200
②掛売上 売掛金 800 売上 800
伝票の記入例伝票の記入例

①現金売上は入金取引なので入金伝票に、②掛売上は振替取引なので振替伝票に記入します。

方法2:取引を擬制する方法

この方法では、上の取引を①いったんすべて掛けで売り上げて、②その後すぐに現金で¥200を回収したとみなして(擬制して)伝票へ記入していきます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
①掛売上 売掛金 1,000 売上 1,000
②回収 現金 200 売掛金 200
伝票の記入例伝票の記入例

①掛売上は振替取引なので振替伝票に、②現金による売掛金の回収は入金取引なので入金伝票に記入します。

いずれの方法も①の仕訳と②の仕訳を合算すると、本来の仕訳になることを最後に確認してください。

4.まとめ

ボキタロー君の顔(普)

伝票を使うとそれぞれの担当者が伝票に仕訳を書いてくれるんだね。

はい。記帳作業を分担できるというわけです。

ボキタロー君の顔(普)

経理の人の負担が軽減されるわけだ。

はい、そうです。本来、元帳への転記は仕訳帳が用いられますが、実務においてはほとんど転記に仕訳帳は用いられておらず、その代用として伝票が用いられています。

ボキタロー君の顔(普)

僕の会社もさっそく伝票を導入しよう。

まとめ
  • 3伝票制とは入金伝票、出金伝票、振替伝票の3つを用いる方法である。
  • 入金伝票には入金取引、出金伝票には出金取引、振替伝票には振替取引(現金と関係ない取引)が記入される。
  • 一部現金取引の記入方法として、取引を分解する方法と取引を擬制する方法の2つがある。
コンテンツ

スポンサードリンク