試験範囲の改定事項(2021年度)はコチラ

商品売買における付随費用

商品売買における付随費用

問題

以下の(問1)および(問2)に答えなさい。ただし、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。

現金 当座預金 普通預金 売掛金
立替金 買掛金 売上 仕入
発送費

(問1)

以下の取引について仕訳を答えなさい。なお、先方負担の付随費用については立替金勘定を用いる方法によること。

    1. 商品¥100,000を仕入れ、代金は掛けとした。その際、当社負担の引取運賃¥2,000を現金で支払った。
    2. 商品¥200,000を売り上げ、代金は掛けとした。なお、当社負担の発送運賃¥5,000は現金で支払った。
    3. 商品¥150,000を仕入れ、代金は掛けとした。その際、先方負担の引取運賃¥3,000を小切手を振り出して支払った。

(問2)

(問1)3.の取引について、立替金勘定を用いない方法によると仕訳はどうなるか。答えなさい。

解答

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 仕入 102,000 買掛金 100,000
現金 2,000
2 売掛金 200,000 売上 200,000
発送費 5,000 現金 5,000
3 仕入 150,000 買掛金 150,000
立替金 3,000 当座預金 3,000

解説

商品売買に係る付随費用の処理は、次のようにまとめることができます。

仕入諸掛 販売諸掛
当社負担 購入原価(「仕入」)に含める 「発送費」(費用)で処理
先方負担 ①「立替金」で処理
②「買掛金」から控除
試験範囲外

(問1)では、先方負担の付随費用については立替金勘定を用いて処理します。

解答

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 150,000 買掛金 147,000
当座預金 3,000

解説

先方負担の仕入諸掛については、「立替金」を回収してから同じ相手に対して「買掛金」を支払うということをしていたのでは二度手間になるので、取引先に対する”貸し”(立替金)と”借り”(買掛金)を相殺するという意味で、買掛金勘定の金額から控除する方法が用いられることがあります。

注意
処理の方法が複数ある場合は必ず問題の指示に従ってください。もし、明確な指示がなければ与えられた資料などから自分で判断するようにしましょう。

分からなかった人は復習

【三分法と分記法】両者の違いと仕訳のやり方 【三分法と分記法】両者の違いと仕訳のやり方 売掛金と買掛金および返品の処理 売掛金と買掛金および品違い等による返品の処理方法 【仕入諸掛と販売諸掛】商品売買に係る付随費用の処理方法 【仕入諸掛と販売諸掛】商品売買に係る付随費用の処理方法