次回の日商簿記試験(第162回)は2022年11月20日です

商品売買の勘定連絡

問題

次の資料にもとづいて、現金の当期末残高を答えなさい。

【資料1】前期末の貸借対照表(一部)

【資料2】当期の商品売買に関する資料

1.商品売買はすべて掛けで行っている。

2.当期の仕入高は180,000円であった。

3.当期の売上高は220,000円であった。

【資料3】当期末の貸借対照表(一部)

【資料4】その他の資料

1.支払手形102,000円を現金で支払った。

2.買掛金?円を現金で支払った。




解答

80,500円

解説

次のようなボックス図を書いて分析していきます。

商品売買はすべて掛けで行っているので、支払手形が増加する原因は買掛金の決済による手形の振出しのみとなります。

ボックス図の書き方

①資産の科目(現金と売掛金)は借方に残高が出るので、期首残高は借方に記入します。

②増加すれば借方に記入し、減少すれば貸方に記入します。

③通常、借方の方が大きくなるので借方に残高が出ますが、ボックス図では貸借を一致させるために期末残高は貸方に記入します。

MEMO

負債の科目(支払手形と買掛金)は貸借が逆になります。