次回の日商簿記試験(第162回)は2022年11月20日です

製造間接費の部門別予定配賦に関する問題1

問題

当工場では、2つの製造部門(切削部門と組立部門)と1つの補助部門(修繕部門)によって原価部門が構成されており、製造間接費の計算は部門別計算を行っている。そこで、次の資料にもとづいて下記の問いに答えなさい。

【資料】

1.補助部門費は製造部門に予定配賦し、製造部門費は製品に予定配賦している。部門別予定配賦率算定のための資料は次のとおりである。

(1)補助部門費年間予算配賦表(単位:円)

費目 合計 製造部門 補助部門
切削部門 組立部門 修繕部門
部門費 83,280,000 45,720,000 33,380,000 4,180,000
修繕部費 4,180,000  
製造部門費 83,280,000  

(2)補助部門費は修繕時間を基準に製造部門へ配賦する。年間予定修繕時間は切削部門が600時間、組立部門が500時間である。

(3)製造部門費は直接作業時間を基準に製品へ配賦する。年間予定直接作業時間は切削部門が9,600時間、組立部門が8,400時間である。

2.当月の実績値は次のとおりであった。

(1)当月の実際部門費(補助部門費配賦前)

切削部門組立部門修繕部門
3,920,000円2,880,000円365,000円

(2)当月の実際直接作業時間は切削部門が820時間、組立部門が730時間であった。

(3)当月の実際修繕時間は切削部門が52時間、組立部門が43時間であった。


【問】以下の各数値を答えなさい。

(a)修繕部費の予定配賦率

(b)切削部門と組立部門の予定配賦率

(c)当月の切削部門と組立部門の予定配賦額

(d)当月の修繕部費の配賦差異(有利差異か不利差異かも答えること)

(e)当月の切削部費と組立部費の配賦差異(有利差異か不利差異かも答えること)




解答

(a)¥3,800/時間

(b)切削部門の予定配賦率:¥5,000/時間、組立部門の予定配賦率:¥4,200/時間

(c)切削部門の予定配賦額:4,100,000円、組立部門の予定配賦額:3,066,000円

(d)4,000円(不利差異)

(e)切削部費の配賦差異:17,600円(不利差異)、組立部費の配賦差異:22,600円(有利差異)

解説

(a)修繕部費の予定配賦率

補助部門費の製造部門への配賦は修繕時間を基準とした予定配賦を行うので、まず修繕部費の予定配賦率を算定します。予定配賦率は、修繕費の年間予算額を年間予定修繕時間で割って計算します。

年間予算額¥4,180,000÷年間予定修繕時間(600時間+500時間)=¥3,800/時間

・切削部門への配賦額:¥3,800/時間×600時間=¥2,280,000

・組立部門への配賦額:¥3,800/時間×500時間=¥1,900,000

よって、資料1(1)の補助部門費年間予算配賦表は次のようになります。

費目 合計 製造部門 補助部門
切削部門 組立部門 修繕部門
部門費 83,280,000 45,720,000 33,380,000 4,180,000
修繕部費 4,180,000 2,280,000 1,900,000
製造部門費 83,280,000 48,000,000 35,280,000

(b)切削部門と組立部門の予定配賦率

製造部門費の製品への配賦は直接作業時間を基準とした予定配賦を行うので、まず製造部門費の予定配賦率を算定します。予定配賦率は、製造部門費の年間予算額を年間予定直接作業時間で割って計算します。

・切削部門:年間予算額¥48,000,000÷年間予定直接作業時間9,600時間=¥5,000/時間

・組立部門:年間予算額¥35,280,000÷年間予定直接作業時間8,400時間=¥4,200/時間

(c)当月の切削部門と組立部門の予定配賦額

当月の予定配賦額は、先ほど求めた予定配賦率に当月の実際直接作業時間を掛けて計算します。

・切削部門:予定配賦率¥5,000/時間×実際直接作業時間820時間=¥4,100,000

・組立部門:予定配賦率¥4,200/時間×実際直接作業時間730時間=¥3,066,000

(d)当月の修繕部費の配賦差異

修繕部費の予定配賦額と実際発生額の差額が配賦差異となります。当月の予定配賦額は(a)で求めた予定配賦率に当月の実際修繕時間を掛けて算定します。

・切削部門への配賦額:¥3,800/時間×52時間=¥197,600

・組立部門への配賦額:¥3,800/時間×43時間=¥163,400

予定配賦額(¥197,600+¥163,400)ー実際発生額¥365,000=△¥4,000(不利差異)

(e)当月の切削部費と組立部費の配賦差異

製造部門費の配賦差異は(c)で求めた予定配賦額と実際発生額の差額で計算します。実際部門費配賦表を作成すると次のようになります。

費目 合計 製造部門 補助部門
切削部門 組立部門 修繕部門
部門費 7,165,000 3,920,000 2,880,000 365,000
修繕部費 361,000 197,600 163,400
製造部門費 7,161,000 4,117,600 3,043,400

・切削部費の配賦差異:予定配賦額¥4,100,000ー実際発生額¥4,117,600=△¥17,600(不利差異)

・組立部費の配賦差異:予定配賦額¥3,066,000ー実際発生額¥3,043,400=+¥22,600(有利差異)

注意1
補助部門費を製造部門へ予定配賦する場合は、部門費に補助部門費の予定配賦額を加えたものを製造部門費の実際発生額として扱うことに注意してください。
注意2
「部門費」の行には実際発生額を記入します。したがって、修繕部門費において「部門費」の行にある金額(¥365,000)と予定配賦額の合計額(¥361,000)は異なることになります。

本問の勘定連絡図は次のようになります。最後に確認しておいてください。

勘定連絡図(製造間接費の部門別予定配賦)