試験範囲の改定事項(2021年度)はコチラ

追加材料の投入に関する問題

問題

次の資料にもとづいて、当月の完成品総合原価および月末仕掛品原価を計算しなさい。なお、月末仕掛品原価は先入先出法によって計算している。

【資料】

1.生産データ

月初仕掛品 500kg (30%)
当月投入量 4,500kg
合計 5,000kg
月末仕掛品 400kg (75%)
完成品 4,600kg
(注)( )内の数値は加工進捗度を表している。

2.原価データ

月初仕掛品原価 当月製造費用 備考
a材料 200,000円 1,350,000円 始点で投入
b材料 2,000,000円 加工進捗度30%で投入
c材料 53,000円 1,615,000円 工程を通じて平均的に投入
d材料 44,000円 1,316,000円 加工進捗度50%まで平均的に投入
e材料 779,000円 工程の終点で投入
加工費 111,000円 3,230,000円
合計 408,000円 10,290,000円




解答

完成品総合原価:10,000,000円(=a材料費1,430,000円+b材料費1,840,000円+c材料費1,566,000円+d材料費1,248,000円+e材料費779,000円+加工費3,137,000円)

月末仕掛品原価:698,000円(=a材料費120,000円+b材料費160,000円+c材料費102,000円+d材料費112,000円+加工費204,000円)

解説

a材料費

追加材料の投入(a材料費)

始点投入なので、月初仕掛品および月末仕掛品のどちらにも100%の割合でa材料が含まれています。

・月末仕掛品に含まれるa材料費:¥1,350,000÷4,500kg×400kg=¥120,000

・完成品に含まれるa材料費:¥200,000+¥1,350,000ー¥120,000=¥1,430,000

b材料費

追加材料の投入(b材料費)

30%の投入点に達していない月初仕掛品にはb材料がまったく含まれておらず、投入点を通過している月末仕掛品には100%の割合で含まれていることになります。

・月末仕掛品に含まれるb材料費:¥2,000,000÷5,000kg×400kg=¥160,000

・完成品に含まれるb材料費:¥0+¥2,000,000ー¥160,000=¥1,840,000

c材料費

追加材料の投入(c材料費)

工程を通じて平均的に投入される場合は、加工進捗度に応じた完成品換算でc材料費を負担します。つまり、計算方法は加工費と同じになります。

・月末仕掛品に含まれるc材料費:¥1,615,000÷4,750kg×300kg=¥102,000

・完成品に含まれるc材料費:¥53,000+¥1,615,000ー¥102,000=¥1,566,000

d材料費

加工進捗度50%まで平均的に投入するので、50%を超えている月末仕掛品は100%の割合でd材料費を負担します。一方で、月初仕掛品は加工進捗度を2倍にした完成品換算量によって計算します。

追加材料の投入(d材料費)

(※)月初仕掛品の完成品換算量:500kg×30%/50%=300kg

・月末仕掛品に含まれるd材料費:¥1,316,000÷4,700kg×400kg=¥112,000

・完成品に含まれるd材料費:¥44,000+¥1,316,000ー¥112,000=¥1,248,000

e材料費

工程の終点で投入されるので、月初仕掛品および月末仕掛品のどちらにもe材料が含まれていないことになります。したがって、e材料費はすべて完成品が負担します。

加工費

追加材料の投入(加工費)

加工費は通常通りの計算なので問題ありません。完成品換算量を用いるということだけ注意してください。

・月末仕掛品に含まれる加工費:¥3,230,000÷4,750kg×300kg=¥204,000

・完成品に含まれる加工費:¥111,000+¥3,230,000ー¥204,000=¥3,137,000

分からなかった人は復習

総合原価計算における原価の配分方法2~先入先出法による計算方法~ 総合原価計算における原価の配分方法2~先入先出法による計算方法~ 総合原価計算の効率的な問題の解き方・テクニックを解説 総合原価計算の効率的な問題の解き方・テクニックを解説 【直接材料費進捗度とは?】複数種類の材料を追加投入した場合 【直接材料費進捗度とは?】複数種類の材料を追加投入した場合 材料の追加投入~例題と計算方法~ 材料の追加投入~例題と計算方法~