次回の日商簿記試験(第162回)は2022年11月20日です

単純総合原価計算の問題1(平均法・仕損品評価額なし)

問題

当工場では単純総合原価計算を採用している。次の資料にもとづいて、以下の各問いに答えなさい。

【資料】

1.生産データ

月初仕掛品 500kg (40%)
当月投入量 4,500kg
合計 5,000kg
正常仕損 100kg
月末仕掛品 400kg (75%)
完成品 4,500kg

(注)直接材料は工程の始点で投入しており、( )内の数値は加工進捗度を表している。

2.原価データ

 直接材料費加工費合計
月初仕掛品648,000円285,000円933,000円
当月製造費用3,762,000円3,243,000円7,005,000円
合計4,410,000円3,528,000円7,938,000円

3.計算条件

(1)原価配分方法は平均法である。

(2)正常仕損品の評価額はゼロである。

(3)正常仕損費の負担関係は、正常仕損の発生点と月末仕掛品の加工進捗度を比較して各自判断すること。

(4)正常仕損費を月末仕掛品にも負担させる場合は度外視法によって処理を行う。


【問1】仕損が工程の始点で発生した場合、完成品総合原価および月末仕掛品原価を計算しなさい。

【問2】仕損が工程の途中で発生した場合、完成品総合原価および月末仕掛品原価を計算しなさい。

【問3】仕損が工程の終点で発生した場合、完成品総合原価および月末仕掛品原価を計算しなさい。




解答

完成品総合原価:7,357,500円(直接材料費4,050,000円+加工費3,307,500円)

月末仕掛品原価:580,500円(直接材料費360,000円+加工費220,500円)

解説

仕損が工程の始点で発生する場合、完成品だけでなく月末仕掛品からも仕損が発生していると考えられるので、正常仕損費は完成品と月末仕掛品の両者に負担させます。

正常仕損費の処理(両者負担)

MEMO
度外視法では正常仕損分は最初から投入されなかったと考えて計算するので、ボックス図の中に仕損を書く必要はありません。

仕損の分だけ計算上の投入量が減って単位原価が高くなるので、これによって完成品および月末仕掛品の原価を計算することで、自動的に両者が正常仕損費を負担することになります。

直接材料費

計算上の投入量にもとづいた単価(正常仕損費を負担した単価)

インプット合計¥4,410,000÷(完成品4,500kg+月末仕掛品400kg)=¥900/kg

月末仕掛品原価

¥900/kg×400kg=¥360,000

完成品原価

インプット合計¥4,410,000ー月末仕掛品原価¥360,000=¥4,050,000

MEMO
「¥900/kg×4,500kg」で計算しても構いません。

加工費

計算上の投入量にもとづいた単価(正常仕損費を負担した単価)

インプット合計¥3,528,000÷(完成品4,500kg+月末仕掛品換算量300kg)=¥735/kg

月末仕掛品原価

¥735/kg×300kg=¥220,500

完成品原価

インプット合計¥3,528,000ー月末仕掛品原価¥220,500=¥3,307,500

MEMO
「¥735/kg×4,500kg」で計算しても構いません。

解答

完成品総合原価:7,357,500円

月末仕掛品原価:580,500円

解説

仕損の発生点が不明な場合は、(別段の指示がない限り)正常仕損費を完成品と月末仕掛品の両者に負担させます。したがって、計算方法および答えは【問1】と同じになります。

仕損の発生点が不明の場合

加工費の計算において正常仕損品の換算量が不明ですが、度外視法では正常仕損分は最初から投入されなかったと考えるので計算に支障はありません。

解答

完成品総合原価:7,369,200円(直接材料費4,057,200円+加工費3,312,000円)

月末仕掛品原価:568,800円(直接材料費352,800円+加工費216,000円)

解説

仕損が工程の終点で発生する場合、月末仕掛品からは仕損が発生していないと考えられるため、正常仕損費はすべて完成品に負担させます。

まず実際の投入量にもとづいて算定された単価(正常仕損費を負担しない単価)を使って月末仕掛品原価を計算し、差額で完成品原価を計算します。

正常仕損費の処理(完成品負担)
正常仕損費の処理(完成品負担)

直接材料費

実際の投入量にもとづいた単価(正常仕損費を負担しない単価)

¥4,410,000÷(完成品4,500kg+正常仕損100kg+月末仕掛品400kg)=¥882/kg

月末仕掛品原価

¥882/kg×400kg=¥352,800

完成品原価

インプット合計¥4,410,000ー月末仕掛品原価¥352,800=¥4,057,200

加工費

実際の投入量にもとづいた単価(正常仕損費を負担しない単価)

¥3,528,000÷(完成品4,500kg+正常仕損100kg+月末仕掛品換算量300kg)=¥720/kg

MEMO
終点発生なので正常仕損品の換算量は100%で計算します。

月末仕掛品原価

¥720/kg×300kg=¥216,000

完成品原価

インプット合計¥3,528,000ー月末仕掛品原価¥216,000=¥3,312,000