次回の日商簿記試験(第161回)は2022年6月12日です

固定費調整に関する問題1

問題

当社では内部管理用に直接原価計算を採用しているが、外部報告のためには全部原価計算による営業利益が必要である。そこで、期末に固定費調整を行うことによって、直接原価計算による営業利益を全部原価計算による営業利益に修正している。次の資料にもとづいて、以下の問いに答えなさい。

【資料】

1.前期および当期のデータ

 前期当期
期首製品在庫量0個200個
当期製品生産量1,000個1,200個
当期製品販売量800個1,100個
期末製品在庫量200個300個
固定製造間接費発生額500,000円624,000円

2.その他

(1)期末製品は先入先出法によって計算している。

(2)仕掛品は一切存在していない。


【問】固定費調整のための以下の式の( )に入る金額を答えなさい。

全部原価計算による営業利益=直接原価計算による営業利益+(  )円

解答

56,000

解説

固定製造間接費の計算(固定費調整)

固定費調整は、「全部原価計算による営業利益=直接原価計算による営業利益+期末在庫品に含まれる固定製造原価ー期首在庫品に含まれる固定製造原価」という式で計算します。

MEMO
ぜん(全)・ちょく(直)・まっ(末)・しゅ(首)と覚えましょう。

よって、求める金額は(期末在庫品に含まれる固定製造原価ー期首在庫品に含まれる固定製造原価)となるので、

156,000円ー100,000円=56,000円

となります。