犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

現金過不足の応用問題

日商簿記3級無料問題集1-5のアイキャッチ画像
このページの目次

問題

以下の資料に基づいて、当期における雑損または雑益の金額を答えなさい。

【資料】

(1)決算整理前残高試算表における現金過不足勘定の金額は¥14,000(借方)であった。

(2)決算において現金過不足の原因を調査したところ、以下の事項が判明した。なお、原因が判明しなかったものについては、雑損または雑益として処理する。

  1. 受取利息の受取額:¥16,000の記帳漏れ
  2. 営業費の支払額:¥28,000の記帳漏れ
  3. 支払利息の支払額:¥20,000の記帳漏れ
  4. 売掛金の回収額:¥19,000の記帳漏れ

(3)資料から判明する事項以外はすべて無視する。

損または益 金額
雑(  )

※( )に「損」または「益」を記入するとともに、その金額を記入すること。

解答

損または益 金額
雑(損) ¥1,000

解説

決算時の処理

原因が判明したときの仕訳は次の順番で考えてください。

ⅰ.まず原因が判明した勘定科目を借方又は貸方に記入します。

資料(2)1.の「受取利息」は収益なので貸方、2.の「営業費」および3.の「支払利息」は費用なので借方に記入します。また、4.は売掛金の回収額なので「売掛金」(資産)の減少として貸方に記入します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 受取利息 16,000
2 営業費 28,000
3 支払利息 20,000
4 売掛金 19,000

ⅱ.次に、貸借反対側に「現金過不足」を記入します。

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 現金過不足 16,000 受取利息 16,000
2 営業費 28,000 現金過不足 28,000
3 支払利息 20,000 現金過不足 20,000
4 現金過不足 19,000 売掛金 19,000

雑損への振替え

現金過不足勘定

上の仕訳の結果、現金過不足は¥1,000の借方残高となります。これは原因が判明しなかった分なので「雑損」に振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
雑損 1,000 現金過不足 1,000
コンテンツ
このページの目次

スポンサードリンク