犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

借入れと貸付けに関する仕訳問題

日商簿記3級無料問題集5-1のアイキャッチ画像
このページの目次

問題

次の取引について、以下の各問いに答えなさい。ただし、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。

現金 当座預金 普通預金 受取手形
貸付金 手形貸付金 支払手形 借入金
手形借入金 受取利息 支払利息
  1. A商店はB商店に対し、現金¥100,000を期限6か月、年利率10%で貸し付けた。
  2. 1.の期限が到来したため、B商店はA商店に対して利息と元金を小切手を振り出して支払った。
  3. A商店はB商店に対し、現金¥300,000を期限8か月、年利率5%で貸し付け、借用証書の代わりに手形を受け取った。
  4. 3.の期限が到来したため、B商店はA商店に対して利息と元金を小切手を振り出して支払った。

(問1)上記の取引について、A商店の仕訳を答えなさい。

(問2)上記の取引について、B商店の仕訳を答えなさい。

解答

(問1)A商店の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 貸付金 100,000 現金 100,000
2 現金 105,000 貸付金 100,000
受取利息 5,000
3 手形貸付金 300,000 現金 300,000
4 現金 310,000 手形貸付金 300,000
受取利息 10,000

(問2)B商店の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 現金 100,000 借入金 100,000
2 借入金 100,000 当座預金 105,000
支払利息 5,000
3 現金 300,000 手形借入金 300,000
4 手形借入金 300,000 当座預金 310,000
支払利息 10,000

解説

「貸付金」および「手形貸付金」は後でお金を返してもらえる権利を表すので資産です。したがって、増加すれば借方に、減少すれば貸方に記入します。

また、「借入金」および「手形借入金」は後でお金を返さなければならない義務を表すので負債です。したがって、増加すれば貸方に、減少すれば借方に記入します。

なお、借用証書の代わりに手形を振り出した場合には、「手形借入金」「手形貸付金」で処理します。通常の金銭貸借の取引に用いる「借入金」「貸付金」とは区別するようにしてください。

通常の金銭貸借 金融手形の場合 商業手形の場合
借主
(手形の振出人)
借入金 手形借入金 支払手形
貸主
(手形の受取人)
貸付金 手形貸付金 受取手形

商品を売買した際に用いる「支払手形」「受取手形」とは異なるということにも注意しましょう。

小切手の振り出しについて

小切手を振り出した側は「当座預金」の減少となり、受け取った側は「現金」の増加として処理します。文章をよく読んで、どちらが振り出した側か受け取った側かを判断してください。

利息の計算

利息は次のように計算します。

借入(貸付)金額×年利率×月数/12か月

2.の「受取利息」「支払利息」

¥100,000×10%×6か月/12か月=¥5,000

4.の「受取利息」「支払利息」

¥300,000×5%×8か月/12か月=¥10,000

コンテンツ
このページの目次

スポンサードリンク