犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

前払金と前受金の仕訳問題

日商簿記3級無料問題集5-3のアイキャッチ画像
このページの目次

問題

次の取引について(問1)A商店の仕訳および(問2)B商店の仕訳をそれぞれ示しなさい。ただし、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。

現金 当座預金 普通預金 受取手形
売掛金 前払金 支払手形 買掛金
前受金 売上 仕入 発送費
  1. A商店はB商店へ商品¥100,000の注文をし、その予約金として¥40,000の小切手を振り出して支払った。
  2. 1.の注文通りB商店は、A商店に商品¥100,000を引き渡した。なお、代金の残額は後日受け取ることとした。
  3. B商店は得意先A商店に商品¥500,000を売り渡し、代金のうち¥150,000は先月に受け取っていた手付金と相殺し、残額については同店振出しの約束手形で受け取った。なお、商品の発送運賃¥20,000についてはA商店とB商店が半額ずつ負担(現金払い)する契約となってる。

解答

(問1)A商店の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 前払金 40,000 当座預金 40,000
2 仕入 100,000 前払金 40,000
買掛金 60,000
3 仕入 510,000 前払金 150,000
支払手形 350,000
現金 10,000

(問2)B商店の仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 現金 40,000 前受金 40,000
2 前受金 40,000 売上 100,000
売掛金 60,000
3 前受金 150,000 売上 500,000
受取手形 350,000
発送費 10,000 現金 10,000

解説

1と2の解説

仕入および売上を計上するためには、原則として次の2つの条件を満たす必要があります。

「仕入」計上の条件 「売上」計上の条件
条件1 対価の支払い 対価の受け取り
条件2 商品の受け取り 商品の引き渡し

予約金を受け取った(支払った)だけでは条件2を満たしていないので、仕入および売上を計上することはできません。このような代金の前払いや前受けは、前払金勘定(資産)および前受金勘定(負債)で処理しておき、商品の受入れ・引渡しがあったときに仕入勘定および売上勘定に振り替えます。

3の解説

問題文に「代金のうち¥150,000は先月に受け取っていた手付金と相殺し」とあるので、以前に次のような仕訳をしていることがわかります。

A商店の仕訳
(借)
前払金
150,000
(貸)
現金
150,000

手付金を支払った時にA商店はこのような仕訳をしています。

B商店の仕訳
(借)
現金
150,000
(貸)
前受金
150,000

手付金を受け取った時にB商店はこのような仕訳をしています。

3.の取引において、商品の受け渡しがあった時に上記の「前払金」と「前受金」から、それぞれ「仕入」と「売上」に振り替えます。

なお、商品売買に係る付随費用を自店で負担する場合、仕入諸掛については仕入原価に含め(A商店)、販売諸掛については発送費として処理します(B商店)。

付随費用の処理まとめ

仕入諸掛 販売諸掛
当社負担 購入原価(「仕入」)に含める 「発送費」(費用)で処理
先方負担 ①「立替金」で処理
②「買掛金」から控除
①「立替金」で処理
②「売掛金」に含める
コンテンツ
このページの目次

スポンサードリンク