犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

売上原価の計算および仕訳問題

日商簿記3級無料問題集6-1のアイキャッチ画像
このページの目次

問題

次の資料に基づいて、以下の各問いに答えなさい。

【資料1】決算整理前残高試算表(一部)

決算整理前残高試算表

【資料2】決算整理事項等

・期末商品棚卸高:¥73,000

(問1)仕入勘定で計算する方法によって、売上原価を求めるための仕訳を示すとともに売上原価の金額を答えなさい。

(問2)売上原価勘定で計算する方法によって、売上原価を求めるための仕訳を示しなさい。

解答

(問1)の答え

仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 65,000 繰越商品 65,000
繰越商品 73,000 仕入 73,000

売上原価の金額

¥822,000

(問2)の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
売上原価 65,000 繰越商品 65,000
売上原価 830,000 仕入 830,000
繰越商品 73,000 売上原価 73,000

解説

売上原価は次のように計算します。売上原価は差額の概念であるということに注目してください。

期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高

売上原価のボックス図

売上原価を求める問題の場合、このようなボックス図を書いて考えていくと分かりやすいと思います。

三分法では期中において「繰越商品」の金額は変動しないので、前T/Bの「繰越商品」が期首商品棚卸高を表します。

コンテンツ
このページの目次

スポンサードリンク