犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

貸倒引当金に関する後T/B作成問題②

日商簿記3級無料問題集6-4のアイキャッチ画像
このページの目次

問題

以下の資料に基づいて、【資料3】の決算整理後残高試算表を完成させなさい。

【資料1】決算整理前残高試算表(一部)

決算整理前残高試算表

【資料2】決算整理事項等

1.期中において売掛金が次のように貸し倒れたが、その処理が行われていない。

(1)前期取得分:¥19,000

(2)当期取得分:¥22,000

2.前期に貸倒処理した売掛金¥100,000について、得意先の清算に伴い¥10,000の分配を受けたが、これを仮受金として処理していた。

3.期中において受取手形¥32,000を現金で回収した際、次のように処理していた。

借方科目 金額 貸方科目 金額
受取手形 23,000 現金 23,000

4.受取手形および売掛金の期末残高に対して、3%の貸倒引当金を差額補充法により設定する。

【資料3】決算整理後残高試算表(一部)

決算整理後残高試算表

解答

決算整理後残高試算表

解説

修正仕訳等によって売掛金や受取手形、貸倒引当金の金額が変動する場合、貸倒引当金の設定金額にも影響してくるので注意が必要です。

決算整理事項等1.について

(1)前期取得分に関する決算整理仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
貸倒引当金 19,000 売掛金 19,000

前期発生分の売掛金が貸し倒れた場合には、これに対応する貸倒引当金を取り崩す(減額する)処理をします。貸し倒れた売掛金が貸倒引当金の金額を超える場合は、その超過額を貸倒損失として処理します。

(2)当期取得分に関する決算整理仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
貸倒損失 22,000 売掛金 22,000

当期発生分の売掛金が貸し倒れた場合には、貸倒引当金を取り崩さずに、その全額を貸倒損失として処理します。当期に発生した売掛金に対しては、いまだ貸倒引当金が設定されていないからです。

決算整理事項等2.について

前期以前に貸倒処理した売掛金を当期に回収した場合は償却債権取立益勘定を使って処理します。

貸倒処理したときにすでに売掛金を減額しているので、当期に回収したときは売掛金の金額は変動しません。間違って売掛金を減額しないように注意しましょう。

分配を受けたとき
(借)
現金など
10,000
(貸)
仮受金
10,000

このように受け取った金額を仮受金に計上しているので、決算整理仕訳において仮受金を償却債権取立益へ振り替えます。

決算整理仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
仮受金 10,000 償却債権取立益 10,000

決算整理事項等3.について

期中において誤った仕訳をしているので、これを正しい仕訳に修正します。修正仕訳は次のような順序で考えていってください。

①誤った仕訳の逆仕訳
(借)
現金
23,000
(貸)
受取手形
23,000

まず、実際に行なった仕訳(誤った仕訳)の逆仕訳をして誤りの仕訳を相殺消去します。

②あるべき仕訳
(借)
現金
32,000
(貸)
受取手形
32,000

次に、正しい仕訳(あるべき仕訳)を行います。

①の仕訳と②の仕訳を合算したものが修正仕訳となります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 55,000 受取手形 55,000

貸倒引当金の設定

貸倒引当金の設定額は次のように計算します。

(受取手形¥795,000+売掛金¥679,000)×3%=¥44,220

差額補充法なので、貸倒引当金の設定金額(¥44,220)と残高(¥21,000)との差額を繰り入れます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
貸倒引当金繰入 23,220 貸倒引当金 23,220
受取手形と売掛金および貸倒引当金の動き

受取手形と売掛金および貸倒引当金の金額は、修正事項や未処理事項を正しく処理した後の金額を使うということに注意しましょう。

コンテンツ
このページの目次

スポンサードリンク