犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

貯蔵品に関する後T/B作成問題

日商簿記3級無料問題集6-6のアイキャッチ画像
このページの目次

問題

以下の資料に基づいて、【資料3】の決算整理後残高試算表を完成させなさい。

【資料1】決算整理前残高試算表(一部)

決算整理前残高試算表

【資料2】決算整理事項等

1.貯蔵品の残高は前期末の決算整理により計上されたものであり、期首の再振替仕訳は行われていない。

2.期首の貯蔵品の内訳は、郵便切手の未使用額が¥4,100、収入印紙の未使用額が¥8,500であった。

3.決算にあたり金庫を実査したところ、郵便切手が¥2,300、収入印紙が¥12,000残っていた。

4.【資料1】の通信費および租税公課は、すべて郵便切手および収入印紙の購入に伴うものである。

【資料3】決算整理後残高試算表(一部)

決算整理後残高試算表

解答

決算整理後残高試算表

解説

再振替仕訳(未処理)

期首の再振替仕訳が未処理となっているので、まずこの仕訳を行います。なお、郵便切手は通信費勘定、収入印紙は租税公課勘定で処理します。

前期末の仕訳
(借)
貯蔵品
12,600
(貸)
通信費
租税公課
4,100
8,500

前期末には郵便切手と収入印紙の未使用額を貯蔵品へ振り替えています。再振替仕訳は、この決算整理仕訳の逆仕訳をすればいいだけです。

借方科目 金額 貸方科目 金額
通信費 4,100 貯蔵品 12,600
租税公課 8,500

当期末の決算整理仕訳

当期末における郵便切手と収入印紙の未使用額を貯蔵品勘定へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
貯蔵品 14,300 通信費 2,300
租税公課 12,000

通信費勘定のイメージ

通信費勘定のイメージ

通信費勘定のイメージを図にするとこんな感じになります。使用した分だけが当期の費用となることに注意してください。

本問では再振替仕訳が行われていないので、前T/Bの金額が当期購入額となります。再振替仕訳が行われている場合は、前期未使用額(再振替分)と当期購入額の合計が前T/Bの金額となります。

コンテンツ
このページの目次

スポンサードリンク