犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

経過勘定項目に関する仕訳・後T/B作成問題②

日商簿記3級無料問題集6-8のアイキャッチ画像
このページの目次

問題

次の資料に基づいて、以下の各問いに答えなさい。なお、会計期間は×9年3月31日を決算日とする1年間である。

【資料1】決算整理前残高試算表(一部)

決算整理前残高試算表

【資料2】決算整理事項等

1.貸付金は、×8年5月1日に貸付期間1年、年利率5%の条件で貸し付けたもので、利息は元金とともに返済時に受け取ることになっている。

2.手形借入金は、当期の2月1日に借入期間1年、年利率3.0%で借り入れたものであり、借入時に1年分の利息が差し引かれた金額を受け取っている。そこで、利息の前払分を月割により計上する。

3.受取家賃は、所有する建物の一部の賃貸によるもので、毎年5月と11月の初日に向こう半年分(毎回同額)を受け取っている。

【資料3】決算整理後残高試算表(一部)

決算整理後残高試算表

(問1)【資料2】の1~3に関する決算整理仕訳を答えなさい。

(問2)【資料3】の決算整理後残高試算表を完成させなさい。

解答

(問1)の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
1 未収利息 44,000 受取利息 44,000
2 前払利息 12,500 支払利息 12,500
3 受取家賃 60,000 前受家賃 60,000

(問2)の答え

決算整理後残高試算表

解説

決算整理事項等1.について

貸付金に係る利息は返済時(翌期)に後払いで受け取ることになっています。そこで決算において、次期に受け取る利息のうち、当期に属する金額を収益として月割で計上します。

当期に属する期間は貸付日(×8年5月1日)から決算日(×9年3月31日)までの11か月分となります。

¥960,000×5%×11か月/12か月=¥44,000

決算整理仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
未収利息 44,000 受取利息 44,000

決算整理事項等2.について

借入時の仕訳
(借)
現金など
支払利息
485,000
15,000
(貸)
手形借入金
500,000

短期間の借入で用いられる手形借入は、返済期日に手形に記載した額面金額を返済するものであるため、借入時に額面金額からあらかじめ利息を差し引いた額を受け取る利息前払いが多くなります。

借入日(2/1)~決算日(3/31)の2か月分は、すでに経過しているので当期の費用となりますが、それ以外の10か月分は当期に属さないものなので、これを前払利息勘定で次期へ繰り延べます。

¥500,000×3.0%×10か月分/12か月分=¥12,500

決算整理事項等3.について

11月1日に向こう半年分(×8年11月1日~×9年4月30日)の家賃を受け取っているので、このうち、当期に属さない部分(×9年4月1日~4月30日の1か月分)を前受家賃として繰り延べます。

このとき、前T/Bの受取家賃の金額は期首に行われた再振替仕訳の金額が含まれていることを忘れないでください。つまり、前T/Bの受取家賃の金額は、13か月分の金額を表していることになります。

この点を確認するために、1か月分の受取家賃を”X”と置いて前期末からの仕訳を考えてみましょう。

前期末の仕訳
(借)
受取家賃
X
(貸)
前受家賃
X

前期末(×8年3月31日)には、前受けした1か月分の金額を繰り延べる処理をしています。

再振替仕訳
(借)
前受家賃
X
(貸)
受取家賃
X

当期首には再振替仕訳を行っています。この金額が前T/Bの受取家賃に含まれていることに注意してください。

家賃の受取り①
(借)
現金
6X
(貸)
受取家賃
6X

まず、5月1日に向こう半年分を受け取ります(現金による受け取りを仮定)。

家賃の受取り②
(借)
現金
6X
(貸)
受取家賃
6X

次に、11月1日に向こう半年分を受け取ります。

ここまで(決算整理前)の受取家賃勘定の記入は次のようになっています。

受取家賃勘定

前T/Bの「受取家賃」は”13X”(=X+6X+6X)となり、13か月分の受取家賃の金額を表していることになります。

したがって、前T/Bの「受取家賃」¥780,000を13か月で割ったものが、1か月分の受取家賃の金額となるわけです。

13X=¥780,000
X=¥60,000

よって、前受家賃の金額は1か月分の¥60,000となります。

決算整理仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
受取家賃 60,000 前受家賃 60,000

タイムテーブル

前受収益のタイムテーブル
コンテンツ
このページの目次

スポンサードリンク