犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

経過勘定項目に関する勘定記入問題

日商簿記3級無料問題集6-9のアイキャッチ画像
このページの目次

問題

次の資料に基づいて、以下の【保険料勘定および前払保険料勘定】の記入を行いなさい。なお、会計期間は×8年4月1日から×9年3月31日までの1年間である。

【資料】保険料はすべて建物に対するものであり、毎年7月1日に向こう1年分を現金で前払いしているが、当期支払分より、前期までの保険料に比して10%値上がりしている。なお、決算整理前残高試算表における保険料の金額は¥162,000であった。

【保険料勘定および前払保険料勘定】

保険料勘定および前払保険料勘定

解答

保険料勘定および前払保険料勘定

解説

保険料は7月1日に12か月分を支払っており、当期に属さない3か月分(×9年4月1日~6月30日)を前払いしていることになるので、この部分を前払保険料として繰り延べます。

保険料の推定

まず前期支払分(値上がり前)の1か月分の保険料を”Y”と置いた上で、前期末からの仕訳から順に考えて保険料を推定します。

前期末の仕訳
(借)
前払保険料
3Y
(貸)
保険料
3Y

前期末には3か月分の保険料を繰り延べる処理をしています。

再振替仕訳
(借)
保険料
3Y
(貸)
前払保険料
3Y

当期首には再振替仕訳を行っています。この金額が前T/Bの保険料に含まれていることに注意してください。

保険料の支払
(借)
保険料
13.2Y
(貸)
現金
13.2Y

12か月分を支払うわけですが前期に比べて10%値上がりしているので、支払う保険料は13.2Y(=12Y×1.1)となります。

ここまで(決算整理前)の保険料勘定の記入は次のようになっています。

受取家賃勘定

したがって、前T/Bの「保険料」を16.2で割ったものが1か月分の保険料の金額となるわけです。

よって、1か月分の保険料(値上がり前)は¥10,000となります。

16.2Y=¥162,000
Y=¥10,000

この金額は前期支払分(値上がり前)の金額であるということに注意してください。

保険料に関する一連の仕訳

保険料が判明したところで、次は保険料に関する一連の仕訳を見ていきます。

期首再振替仕訳(×8年4月1日)

借方科目 金額 貸方科目 金額
保険料 30,000 前払保険料 30,000

※¥10,000×3か月=¥30,000

保険料の支払い(×8年7月1日)

借方科目 金額 貸方科目 金額
保険料 132,000 現金 132,000

※¥10,000×12か月×1.1=¥132,000

当期支払分から10%値上がりしています。

保険料の繰延べ(×9年3月31日)

借方科目 金額 貸方科目 金額
前払保険料 33,000 保険料 33,000

※¥132,000×3か月/12か月=¥33,000

「¥10,000×3か月×1.1」で計算しても構いません。

タイムテーブル

前払費用のタイムテーブル

決算振替仕訳(×9年3月31日)

決算整理後の保険料を損益勘定へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
損益 129,000 保険料 129,000
コンテンツ
このページの目次

スポンサードリンク