犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

証憑から仕訳を導く問題②

日商簿記3級無料問題集7-5のアイキャッチ画像
このページの目次

問題

次の各証ひょうにもとづいて必要な仕訳を示しなさい。ただし、商品売買取引は3分法、消費税は税抜方式により処理し、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。

現金 当座預金 売掛金 受取手形
クレジット売掛金 仮払消費税 買掛金 支払手形
仮受消費税 仕入 売上

(問1)商品を仕入れ、品物とともに次の納品書を受け取り、代金は後日支払うこととした。

納品書

(問2)店頭における一日分の売上の仕訳を行うにあたり、集計結果は次のとおりであった。また、合計額のうち¥45,320 はクレジットカード、残りは現金による決済であった。

領収書

(問3)商品¥550,000(消費税¥50,000 を含む)を売り渡し、代金として以下のとおり受け取った。

納品書兼請求書

解答・解説を見る

解答

(問1)の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 300,000 買掛金 330,000
仮払消費税 30,000

(問2)の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 78,980 売上 113,000
クレジット売掛金 45,320 仮受消費税 11,300

(問3)の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 350,000 売上 500,000
受取手形 200,000 仮受消費税 50,000

解説

本問は消費税を含んだ商品売買に関して証憑書類から仕訳を答える問題です。

なお税抜方式とは、仕入等に係る消費税額(支払った消費税)を「仮払消費税」(資産)で、また売上等に係る消費税額(受け取った消費税)を「仮受消費税」(負債)で処理し、決算時に両者を相殺して、その差額を納付する(または還付を受ける)という方法をいいます。

(問1)について

支払った消費税は「仮払消費税」(資産)で処理します。したがって、「仕入」は消費税を含まない金額となります。

(問2)について

受け取った消費税は「仮受消費税」(負債)で処理します。したがって、「売上」は消費税を含まない金額となります。また、クレジットカードによる売り上げは「クレジット売掛金」で処理します。

(問3)について

他人振出しの小切手は通貨代用証券なので「現金」で処理します。

コンテンツ
このページの目次

スポンサードリンク