犬でもわかる!無料簿記講座のロゴ

証憑から仕訳を導く問題④

日商簿記3級無料問題集7-7のアイキャッチ画像
このページの目次

問題

次の各証ひょうにもとづいて必要な仕訳を示しなさい。ただし、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶこと。

普通預金 仮払法人税等 仮払消費税 未収還付消費税
仮受消費税 未払法人税等 未払消費税 租税公課
法人税、住民税及び事業税

(問1)以下の納付書にもとづき、当社の普通預金口座から法人税を振り込んだ。

法人税の納付書(中間申告)

(問2)以下の納付書にもとづき、当社の普通預金口座から法人税を振り込んだ。

法人税の納付書(確定申告)

(問3)以下の納付書にもとづき、当社の普通預金口座から消費税を振り込んだ。

消費税の納付書

解答

(問1)の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
仮払法人税等 300,000 普通預金 300,000

(問2)の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
未払法人税等 350,000 普通預金 350,000

(問3)の答え

借方科目 金額 貸方科目 金額
未払消費税 100,000 普通預金 100,000

解説

(問1)について

法人税等の中間納付額は「仮払法人税等」(資産)で処理しておきます。

(問2)について

確定申告による納付額が¥350,000なので、前期末の決算において次のような仕訳を行っていることがわかります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
法人税、住民税及び事業税 650,000 仮払法人税等 300,000
未払法人税等 350,000

法人税等を納付したときは、前期末に計上している「未払法人税等」(負債)を取り崩します。

(問3)について

消費税の納付額が¥100,000なので、前期末の決算において次のような仕訳をしています。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仮受消費税 ××× 仮払消費税 ×××
未払消費税 100,000

消費税を納付したときは、前期末に計上している「未払消費税」(負債)を取り崩します。

コンテンツ
このページの目次

スポンサードリンク