試験範囲の改定事項(2021年度)はコチラ

簿記関連おすすめ商品・サービスのご紹介

簿記関連おすすめ商品・サービスのご紹介

注意
ここで紹介している商品・サービスの内容は古くなっている可能性があります。ご購入・ご利用をお考えの方は必ずリンク先の情報をご確認のうえ、自己責任でお願いいたします。
MEMO
もし最新版がある場合は、リンク先の商品ページに「この商品には新版があります」旨の記述があると思います。
スッキリわかるシリーズ
TAC出版
お値段
(5.0)
わかりやすさ
(5.0)
見やすさ
(4.0)

簿記関連書籍のベストセラー 経済性はNO.1

TAC出版から発行されているベストセラー商品のスッキリわかるシリーズ(滝澤ななみ著)です。大手の有名専門学校が出版しているので、長年のノウハウによりその分かりやすさは言うまでもありません。また、基礎的な問題集が多数掲載されているので、説明を読んだ後にこの練習問題を解くことで知識の定着に役立ちます。テキスト+問題集でこのお値段はかなり経済的に優れていると思います。

一方でパッと見た感じですが、文字の大きさや行間などの関係で、少しごちゃごちゃしているかなと個人的には思いました。なので見やすさという点において星を1つ減らしています。

サクッとうかるシリーズ
ネットスクール出版
お値段
(4.0)
わかりやすさ
(4.0)
見やすさ
(5.0)

簡潔で見やすい、サクッと理解できる

 もう一冊のおススメ書籍がネットスクール出版から発行されているサクッとうかるシリーズ(桑原 知之著)です。このシリーズの特徴は見やすさだと思います。イラストや配色、行間やスペースの使い方など見やすさに配慮して制作されているので、ごちゃごちゃしているのが苦手という人や普段あまり文字を読む習慣がない人でもとっつきやすいと思います。

しかしその一方で、説明が簡潔すぎるかなという印象を受けました。初めて勉強する人が簿記の概要を理解したり、逆にある程度理解している人が論点の総復習などで使用するのにはいいと思いますが、もう少し深く勉強したいという方は説明が物足りないと感じるかもしれません。

また、掲載されている練習問題は先ほど紹介したスッキリわかるシリーズよりも少ないので、別途問題集を購入する必要があります。

おすすめ電卓

電卓の便利な使い方はこちら。

電卓の使い方、選び方など電卓の使い方、選び方など

CASIO MW-12GT-N

お値段
(4.5)
性能・機能
(4.0)
使いやすさ
(4.0)

このお値段でこの機能!

簿記の勉強くらいにしか電卓を使わないという方は、あまり高価な電卓を買うのはもったいない気がしますが、カシオの「MW-12GT-N」は1,500円前後というお手頃価格です。しかもチープな安物ではなく、試験に必要な機能・性能が一通り備わっており、使いやすさ・見やすさなどもこの値段クラスの電卓としては上位だと思います。

ただ、裏側のすべり止めが甘く、使っているうちに電卓の位置がずれてくることがあるのが少し気になりました。また、キーがプラスチックなので電卓をたたく力が場合、カチャカチャという音が気になるという人もいるかもしれません。

SHARP EL-G37

お値段
(3.0)
性能・機能
(5.0)
使いやすさ
(5.0)

管理人も愛用!資格試験用電卓の決定版!

 シャープの「EL-G37」は日商簿記に限らず、税理士試験や公認会計士試験などの受験者も愛用している方が多いことからもその使いやすさがお分かりだと思います。試験に必要な機能が備わっていることはもちろんですが、キーの叩きやすさ、ボタン配列、見やすさなどすべての点で最上位クラスと言ってもいいでしょう。

その反面、価格が高くなってしまうことはしょうがないと思いますが、日商簿記試験のためだけに6,000円前後も電卓に使うのは少しもったいない気がします。そのような方は先ほど紹介した安めの電卓でもいいと思います。

クラウド型会計ソフト

注意
クラウド型会計ソフトは様々なプランが用意されており、また法人向けか個人事業主向けかなどによっても価格・サービスが様々です。ここで紹介する評価は目安としてお考えになり、詳しくはリンク先の情報をご覧ください。

「クラウド型会計ソフトってなに?」という方はこちらをご覧ください。

クラウド型会計ソフトとは?~そのメリットとデメリットなど~クラウド型会計ソフトとは?~そのメリットとデメリットなど~

freee

お値段
(4.0)
サービス内容
(4.0)
使いやすさ
(5.0)

はじめてでもカンタン!国内シェアNO.1の会計ソフト

freeeの実績とメリット5選
  1.  クラウド型会計ソフト国内シェアNO.1、iOSアプリシェア1位、法人が使うクラウド会計ソフトのシェア1位、クラウド給与計算ソフト市場でのシェア40%
  2. 【対応税理士・会計士事務所は7,900を突破】業種業態を問わず普及。47都道府県すべてに対応税理士がいます。
  3. 【スマホに完全対応】領収書の管理〜確定申告までスマホで完結させることが可能。「スマホで申告まで完結できる」という手軽さが人気の理由です。
  4. 【初心者でも安心】銀行・クレジットカードと連携して自動処理、ステップに沿って〇×の質問に答えるだけで確定申告書類を作成してくれるなど会計・簿記の知識がない初心者でも安心です。
  5. 【対応金融サービス提携率90%超】全国1000以上の金融機関とAPI契約を締結し、サービス上で連携登録をしている口座のうち約90%の口座をAPIに移行。
API(銀行API)とは
API(銀行API)とは思いっきり簡単に言うと、キャッシュレス化の普及に伴い、これまでATMで行っていた残高照会や現金の引落、振込や送金などの処理をアプリケーションを通じて行うようになります。その際に、アプリケーションを提供する企業と、口座を管理する銀行との間を結ぶシステムが銀行APIです。

マネーフォワード

お値段
(4.5)
サービス内容
(4.0)
使いやすさ
(4.0)

ユーザー満足度93%!多くの顧客から高評価

マネーフォワードの実績とメリット5選
  1. クラウド会計ソフトシェア第2位、ユーザー満足度93%
  2. 【自動入力で経理がラクに。自動連携数も国内No1】銀行やクレジットカードの連携で、会計処理や経理が大幅にラクになります。また、連携可能な銀行やクレジットカードなどの金融関連サービス数は国内No1の3,600以上。最も幅広く自動入力をご利用いただけるクラウド会計ソフトです。
  3. 【人工知能・機械学習(AI)で、使うほど学習、賢く便利に】人工知能(AI)がビッグデータを元に勘定科目を提案。マネーフォワード クラウドは使うほど賢くなって、自動入力・自動仕訳がどんどん楽になります。
  4. 【バックオフィス業務がこれひとつで効率化!(法人)】マネーフォワード クラウドは定額2,980円〜で「会計」「請求書」「経費」「給与」「マイナンバー」「勤怠」のバックオフィス向け業務効率化ソフトを全て使うことができます。経理や人事労務などに関するデータをクラウドで連携し、業務の自動化を実現することで、生産性向上・経営の見える化を実現できます。
  5. 【確定申告を自動化により簡単・ラクに!(個人)】銀行やクレジットカードと連携すれば、ソフトが明細データを自動取得し仕訳が自動提案されます。これにより確定申告の面倒な作業が自動化!経理に関する知識がない方でも簡単に確定申告をすることができます。