入門講座の仕訳問題集~3級講座へ行く前にこれだけはできるようになろう~

ご利用方法

  • 勘定科目は指定されたものの中から選んでください。
  • 仕訳が必要ない取引は「仕訳なし」としてください。
  • 答えを紙に書いたりする必要はありません。頭の中で仕訳をイメージできればOKです。

まずこの図を頭に入れよう

損益計算書と貸借対照表




借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 1,000 借入金 1,000

借方

お金を借りて現金(資産)が増えます

貸方

お金を借りて借入金(負債)が増えます

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 100 現金 100

借方

商品を仕入れて仕入(費用)が増えます

貸方

現金で払ったので現金(資産)が減ります

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 200 売上 200

借方

現金で受け取ったので現金(資産)が増えます

貸方

商品を販売したので売上(収益)が増えます

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕訳なし

資産、負債、純資産、収益、費用のいずれも増減しないため、簿記上の取引ではありません。したがって「仕訳なし」となります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
給料 300 現金 300

借方

給料を払ったので給料(費用)が増えます

貸方

現金で払ったので現金(資産)が減ります

借方科目 金額 貸方科目 金額
借入金 200 現金 200

借方

借入金を返済したので借入金(負債)が減ります

貸方

現金で払ったので現金(資産)が減ります

借方科目 金額 貸方科目 金額
貸付金 400 現金 400

借方

お金を貸したので貸付金(資産)が増えます

貸方

現金を貸したので現金(資産)が減ります

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕訳なし

資産、負債、純資産、収益、費用のいずれも増減しないため、簿記上の取引ではありません。したがって「仕訳なし」となります。

借方科目 金額 貸方科目 金額
支払家賃 500 現金 500

借方

家賃を支払ったので支払家賃(費用)が増えます

貸方

現金で払ったので現金(資産)が減ります

借方科目 金額 貸方科目 金額
水道光熱費 150 現金 400
広告宣伝費 250

借方

①水道光熱費を支払ったので水道光熱費(費用)が増えます

②広告宣伝費を支払ったので広告宣伝費(費用)が増えます

貸方

現金で払ったので現金(資産)が減ります

借方科目 金額 貸方科目 金額
借入金 800 現金 820
支払利息 20

借方

①借入金を返済したので借入金(負債)が減ります

②利息を支払ったので支払利息(費用)が増えます

貸方

現金で払ったので現金(資産)が減ります

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 410 貸付金 400
受取利息 10

借方

現金で受け取ったので現金(資産)が増えます

貸方

①貸付金の返済を受けたので貸付金(資産)が減ります

②利息を受け取ったので受取利息(収益)が増えます