試験範囲の改定事項(2021年度)はコチラ

当座借越と複数口座を開設している場合の管理

当座借越と複数口座を開設している場合の管理

ボキタロー

ヤバいよ、ヤバいよ。小切手を振り出したのに当座預金の残高が足りないんだ。

預金残高を超えて振り出した小切手は不渡りになってしまします。

ボキタロー

不渡りやだー!

当座借越契約は結んでいないのですか?

ボキタロー

え?そういえばそんなのがあったような。でもそれって何?

はい。今回は当座借越の処理や複数口座を開設している場合の管理について勉強していきましょう。

当座借越の基礎知識

当座借越とは?

小切手は当座預金の残高の範囲内で振り出すことができ、預金残高を超えて振り出した小切手は不渡りとなってしまいます。

MEMO
6か月以内に2度の不渡りを出すと、銀行取引が停止され経営活動を続けることが困難になるため「事実上の倒産」となります。

しかし、あらかじめ銀行との間に当座借越契約を結んでおくと、当座預金残高を超えて小切手を振り出しても、その超過額を一定の金額まで銀行が立て替えて支払ってくれます。これを当座借越(とうざかりこし)といいます。

当座借越の処理方法

当座借越のイメージ

当座預金勘定は資産なので、増加すると借方へ、減少すると貸方へ記入します。したがって通常は借方の方が大きくなりますが、当座借越がある場合は貸方の方が大きい状態(貸方残高)になります。

決算の時に当座預金勘定が貸方残高になっていた場合には、その金額を当座借越勘定へ振り替えます

当座借越勘定の記入場所

当座借越は負債(貸借対照表の貸方項目)なので、増加すれば貸方、減少すれば借方に記入します。

当座借越の一連の処理

期中の取引

例題1
商品¥500を仕入れ、代金は小切手を振り出して支払った。なお、当座預金残高は¥400であるが、取引銀行との間に借越限度額¥1,000の当座借越契約を結んでいる。

小切手の振り出しの処理はこちらを参考にしてください。

各種預金と小切手の振り出しに関する処理方法各種預金と小切手の振り出しに関する処理方法
借方科目 金額 貸方科目 金額
500 500

決算整理仕訳

例題2
決算にあたり、当座預金勘定が当座借越の状態となっているので、適切な勘定に振り替える。
当座借越勘定への振り替え

決算において当座預金勘定が当座借越の状態となっている(貸方残高となっている)ので、これを当座借越勘定へ振り替えます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金 100 当座借越 100

翌期首の再振替仕訳

翌期首には、前期末の決算の時に行った決算整理仕訳の逆仕訳(借方と貸方を逆にした仕訳)をします。これを再振替仕訳(さいふりかえしわけ)といいます。

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座借越 100 当座預金 100

再振替仕訳には再び各勘定を前期末の状態に戻してやるという意味があります。

当座借越は決算の時にどれだけの銀行からの借り越し(借金)があるのかを表すための勘定なので、翌期首にはゼロに戻してやる必要があります。

当座借越の再振替仕訳

また、再振替仕訳を行うことにより翌期の当座預金勘定は前期末の状態(貸方残高¥100)からスタートすることになります。

複数口座を開設している場合の管理

複数口座を開設している場合のイメージ

複数の普通預金口座や当座預金口座等を開設している場合、それらの管理のために口座の種類や銀行名などを勘定科目として使用することがあります。

例題3
甲銀行と乙信用金庫に当座預金口座を開設し、それぞれの口座に現金を¥1,000づつ預け入れた。なお、当社では管理のために口座ごとに勘定を設定している。
使用する勘定科目
現金、当座預金甲銀行、当座預金乙信用金庫
借方科目 金額 貸方科目 金額
当座預金甲銀行 1,000 現金 2,000
当座預金乙信用金庫 1,000
MEMO
勘定科目が少し特殊になるだけで仕訳自体は通常の預金の場合と同じです。

まとめ

ボキタロー

当座借越契約を結んでたおかげで何とか不渡りにならずにすんだよ。

それは良かったです。ちなみに、当座借越は借入金勘定で処理する場合もあります。

ボキタロー

借入金(かりいれきん)?なんで?

当座借越は実質的には銀行からの借金だからです。どちらを使用するかは問題の指示に従ってください。

まとめ
  • あらかじめ銀行との間に当座借越契約を結んでおくと、当座預金残高を超えて小切手を振り出しても、その超過額を一定の金額まで銀行が立て替えて支払ってくれる制度を当座借越という。
  • 決算において、当座預金勘定が貸方残高(当座借越の状態)の場合、その金額を当座借越勘定(負債)へ振り替える。
  • 管理のために口座種別や銀行名などを勘定科目として使用することがある。