試験範囲の改定事項(2021年度)はコチラ

日商簿記試験情報~申込方法・日程・受験料・合格率など~

日商簿記試験情報~申込方法・日程・受験料・合格率など~

日商簿記検定試験の日程と受験料

試験日・回 受験料(税込)
2021年6月13日(日) 第158回 1〜3級 1級 7,850円
2級 4,720円
3級 2,850円
2021年11月21日(日) 第159回 1〜3級
2022年2月27日(日) 第160回 2〜3級

申込方法・注意事項等

申込方法

手順1
試験日と施行する商工会議所を確認
以下のホームページ等で試験を施行する商工会議所をご確認ください。
手順2
受験申込方法等を確認
試験日の約2か月前になりましたら、受験希望地の商工会議所に受験申込方法、受験申込書の入手方法、受験料の支払方法等をご確認ください。
手順3
受験申込
受験希望地の商工会議所で受験申込みを行ってください。
手順4
試験当日
受験者本人であることが分かる身分証明書をご持参ください。
手順5
合否発表・合格証書等の配布
合否発表の日時や合格証書等の配布方法は、商工会議所によって異なりますので、受験地の商工会議所にご確認ください。

受験に際しての注意事項

  1. 受験希望地の商工会議所の所定の受験申込用紙:申込用紙には原則として受験者本人が自筆で記入してください。
  2. 原則として氏名、生年月日、顔写真のいずれも確認できる身分証明書(運転免許証、旅券(パスポート)、社員証、学生証など)を持参してください。ただし、小学生以下の方は必要ありません。(注)身分証明書をお持ちでない方は、受験地の商工会議所にご相談ください。
  3. 筆記用具は、HBまたはBの黒鉛筆、シャープペン、消しゴムに限ります(ラインマーカーや色鉛筆、定規等の使用は認めません)。
  4. 検定試験会場では計算用紙を配布しますが、これはA4サイズ1枚といたします。(1級は「商業簿記・会計学」で1枚、「工業簿記・原価計算」で1枚の合計2枚)。
  5. 計算器具(そろばん、電卓)を使用しても構いません。
注意
電卓は計算機能(四則演算)のみのものに限り、例えば、以下の機能があるものは持ち込みできません。
  • 印刷(出力)機能
  • メロディー(音の出る)機能
  • プログラム機能(例:関数電卓等の多機能な電卓、売価計算・原価計算等の公式の記憶機能がある電卓)
  • 辞書機能(文字入力を含む)

(注)ただし、次のような機能は、プログラム機能に該当しないものとして、試験会場での使用を可とします。

(日数計算、時間計算、換算、税計算、検算(音の出ないものに限る))

ネット試験に関する申し込み方法等は以下のページをご覧ください。

ネット試験(CBT試験)および新試験方式(統一試験)についてネット試験(CBT試験)、新試験方式(統一試験)、試験範囲の改定等について

日商簿記3級の試験情報・合格率など

試験科目・試験のレベル等

試験科目等

  • 試験科目:商業簿記
  • 制限時間:2時間
  • 合格基準:70%以上

※会計基準及び法令は毎年度4月1日現在施行されているものに準拠する。

3級のレベル

  • 企業で働く者に必須の簿記の基礎知識が身につき、商店や中小企業の経理事務に役立つ。
  • 経理関連書類を読むことができ、青色申告などの書類作成もある程度できる。
  • 経理・財務担当以外でも必要な知識として評価する企業が多い。

合格者の特典

大学の推薦入学に有利です。

3級の合格率等(過去10回分)

※スマホでご覧の方はスワイプしてください。

実施回 実施日 実受験者数 合格者数 合格率
158回 2021/6/13 49,313名 14,252名 28.9%
157回 2021/2/28 59,747名 40,129名 67.2%
156回 2020/11/15 64,655名 30,654名 47.4%
154回 2020/2/23 76,896名 37,744名 49.1%
153回 2019/11/17 80,130名 34,519名 43.1%
152回 2019/6/9 72,435名 40,624名 56.1%
151回 2019/2/24 80,360名 44,302名 55.1%
150回 2018/11/18 88,774名 38,884名 43.8%
149回 2018/6/10 79,421名 35,189名 44.3%
148回 2018/2/25 78,243名 38,246名 48.9%

※第155回試験は新型コロナの影響で中止になりました。

日商簿記2級の試験情報・合格率など

試験科目・試験のレベル等

試験科目等

  • 試験科目:商業簿記、工業簿記(原価計算を含む)
  • 制限時間:2時間
  • 合格基準:70%以上

※会計基準及び法令は毎年度4月1日現在施行されているものに準拠する。

2級のレベル

  • 経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。
  • 高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できる。
  • 高校(商業高校)において修得を期待するレベル。

合格者の特典

大学の推薦入学に有利です

2級の合格率等(過去10回分)

※スマホでご覧の方はスワイプしてください。

実施回 実施日 実受験者数 合格者数 合格率
158回 2021/6/13 22,711名 5,440名 24.0%
157回 2021/2/28 35,898名 3,091名 8.6%
156回 2020/11/15 39,830名 7,255名 18.2%
154回 2020/2/23 46,939名 13,409名 28.6%
153回 2019/11/17 48,744名 13,195名 27.1%
152回 2019/6/9 41,995名 10,666名 25.4%
151回 2019/2/24 49,776名 6,297名 12.7%
150回 2018/11/18 49,516名 7,276名 14.7%
149回 2018/6/10 38,352名 5,964名 15.6%
148回 2018/2/25 48,533名 14,384名 29.6%

※第155回試験は新型コロナの影響で中止になりました。

日商簿記1級の試験情報・合格率など

試験科目・試験のレベル等

試験科目等

  • 試験科目:商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算
  • 制限時間:商業簿記と会計学で90分、工業簿記と原価計算で90分。(途中、休憩あり)
  • 合格基準:70%以上(ただし、1科目ごとの得点は40%以上)

※会計基準及び法令は毎年度4月1日現在施行されているものに準拠する。

1級のレベル

  • 公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。
  • 極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析ができる。
  • 大学等で専門に学ぶ者に期待するレベル。

合格者の特典

  • 税理士試験の受験資格が与えられます。
  • 職業能力開発促進法の指導員資格試験で、事務科の試験科目の一部が免除されます。
  • 大学の推薦入学に有利です。

1級の合格率等(過去10回分)

※スマホでご覧の方はスワイプしてください。

実施回 実施日 実受験者数 合格者数 合格率
158回 2021/6/13 7,594名 746名 9.8%
157回 2021/2/28 6,351名 502名 7.9%
156回 2020/11/15 8,553名 1,158名 13.5%
153回 2019/11/17 7,520名 735名 9.8%
152回 2019/6/9 6,788名 575名 8.5%
150回 2018/11/18 7,588名 980名 9.0%
149回 2018/6/10 7,501名 1,007名 13.4%
147回 2017/11/19 8,286名 487名 5.9%
146回 2017/6/11 7,103名 626名 8.8%
144回 2016/11/20 8,416名 783名 9.3%

※第155回試験は新型コロナの影響で中止になりました。

※1級は2月試験がありません(第157回試験は第155回が中止となったため特別に実施されました)。